Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

コケギンポ / 井田



 コケギンポゾーンのはずれで新たにイイ面構えの個体を発見した。体格も大きいし、コイツはかなり強そうな気がする。

 毎度のようにコケギンポを追っかけているのだが、実は何でもかんでもいいというわけではない。…正確には、コケギンポを見つけたら何でもかんでも撮影しているのは事実だけど、ケースによって取り組み方の比重が変わってくるのだ。

 ここ数年は、まず、井田コケギンポゾーン及びコケギンポゾーンに影響を与える可能性がある程度の周辺に棲む個体というのが、いちばん気になる存在である。そして、やはり雌よりも雄の方が興味深い。もちろん状況的に面白いシーンに出遭えたり、魅力的な容姿やシチュエーションだったり、見た事が無い体色のバージョンだったりした場合はその限りではないのだが…。それでもやはり、定点観察を続けている場所の個体には思い入れもあるし、実際に様々なドラマを目撃しているので目が離せないのである。

 ここで見られるドラマは、目を離していると新たな登場人物(登場魚)が現れていたり、逆に居なくなってしまっていたりするし、さらには、まるで風貌が変わってしまうこともあるので、コンスタントに継続して観察し続けなければならないのだ。それは、連続ドラマや長編小説を楽しむのにも似て、途中が抜けてしまっては話が分からなくなってしまう可能性があるということだ。
 そして、そのストーリーをより壮大で奥行きの深いものに出来るか否かは観察者自身の取り組み方によって変わってくる。例えば、あるとき突然コケギンポゾーンに新しい登場人物が現れるのか、その登場人物のここに現れるまでのことを知っているのかでは、ストーリーの重厚感が違ってくるだろう。大河ドラマとして楽しむのか、ダイジェストで軽く楽しむのかは観察者の自由なんだけどね…。

コケギンポ科 / Chaenopsidae
コケギンポ / Neoclinus bryope (Jordan et snyder, 1902)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/08/07(木) 08:22:14Fish trackback:0 comment:0 コケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。