Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニカエルアンコウ / 井田



 ベニカエルアンコウの姿が目立って増えてきた。特に目立つのは産卵を控えたお腹の大きな雌。そして、その雌の元へと向かう雄の姿も目にすることが少なくない。画像の個体はそんな雄のワンシーン。

 こんなシチュエーションに出遭ったときはコンパクト機(デジカメ)を使っていて良かったと思う。一緒に居たゲストの方は一眼レフ機だったのだが撮影できる状況ではなかったので、申し訳ないと思いつつ、僕だけ撮影させてもらった(笑)。

 このウミトサカは岩の上に立っているのだが、沖側から見たウミトサカの背面(つまり陸側)とすぐ後ろにある岩との隙間は30cmちょっとぐらい…そして、ベニカエルアンコウは沖側に尻を向けていて、ウミトサカの陸側の枝の隙間からならかろうじて全貌が見えているという状況。マクロレンズを装着した一眼レフカメラだと、ウミトサカと岩の間にカメラを入れることは出来てもファインダーを覗くことができないのだ。ワーキングディスタンスが短いワイド系のレンズであれば、山勘でシャッターを切ることは出来るだろうけど、それでもコンパクト機の撮影の自由度には遠く及ばないだろう。僕はコンパクト機を持った手を岩とウミトサカの間に差し伸べ、斜め後方からモニターを確認しつつシャッターを切った。1枚テスト撮影して確認すれば、露出設定はほぼ決まるので、あとは極めてイージーな作業である。肉眼で見るにしても居ることが分かるだけという状況で、この画像が手に入ってしまうのだから、コンパクト機の機動力は偉大なのである。
 ちなみに、こうゆうときは外付けストロボなんてものも無用の長物。コンパクト機での撮影において、外付けストロボを必要とする状況というのは極めて少ない。被写体へのプレッシャーや、取り回しの悪さ、ハンドリングの安定感をスポイルすること…などを考えると、マイナス要素の方がはるかに大きい。コンパクトデジカメを使って撮影した画像で、外付けストロボを使うことによるメリットが生かされている画像なんて、ほとんど見た事がない…と言うか、ほとんど全て内蔵ストロボでカバーできるんじゃないの?って画像ばかり。外部ストロボ無しでは撮れない画像を狙うのでなければ、わざわざ邪魔になるものを付けるなんてナンセンスこの上ないと思う。…とは言うものの、実は大光量のストロボを使えれば…と思うようなアイデアもけっこうあるのだけれどね。

ベニカエルアンコウ / 井田

カエルアンコウ科 / Antennariidae
ベニカエルアンコウ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/08/05(火) 23:26:43Fish trackback:0 comment:0 ベニカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。