FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ナンヨウツバメウオ / 井田



 水面直下モノに関しては、こだわりを持って臨みたいと、常々思っているのだが、井田の海は、その思いに応えてくれる素晴らしいところである。

 現在、透明度がやや不安定で、スカッと抜けたかと思うと、ボヤッと白っぽく霞む…という、夏の伊豆の海らしい状況ではあるのだが、それでも通っていれば何らかのチャンスは訪れる。

 このいつもよりチョット早めに登場してくれたナンヨウツバメウオの幼魚…現れたら狙ってみたいと思うイメージがいくつかあるのだが、そのうちの1つに近いイメージを撮ることが出来た。このBLOGでもUPしたことがあるのだが、井田の海の水底から眺める美しい水面の模様を背景に漂う姿…もうちょっと鰭を伸び伸びと広げている瞬間の方が良かったのだが、今回は、泡や白飛びが無い水面の状態で撮ることを優先した。撮りたい魚が居なくても、来るべきチャンスのために、シミュレーション撮影を行なっておくことが大切だと思う。海に通わずして本当に心に響く海の写真は撮れないのだ。

 …とは言うものの、狙っていたイメージ通りに撮れたのかと言うと、まるで物足りないし、このイメージよりも、もっと撮りたいと思っている本命のイメージというのがあって、そちらの方はピンボケ失敗に終わってしまった(苦笑)。まだまだ取り組み方が甘いようである。

マンジュウダイ科 / Ephippididae
ナンヨウツバメウオ / Platax orbicularis (Forsskal, 1775)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/07/29(火) 23:03:36Fish trackback:0 comment:0 ナンヨウツバメウオ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.