Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

コケギンポ / 井田



 井田の浅場にはコケギンポが多いのだが、そんな中でも、長いこと観察され続けレギュラーメンバーとしての地位を確固たるモノにしている個性的な面々の存在感は格別である(少なくとも僕ら数人の中では…(笑))。
 そして今日、久々に強烈なオーラを放つ新人が登場した。ギンポゾーンのキングと呼ばれる"オレンジ"にも似た風貌…しかしまだ幼さを残した表情はプリンスとでもいったところだろうか…。もちろん、初めて見た個体なので実力の程はまったくの未知数である。今は体も小さいので、ギンポゾーンの古豪たちには歯が立たないと思うのだが、ある程度の大きさまでのコケギンポの成長はけっこう早いので、近い将来、もしかしたら強豪の仲間入りを果たすかもしれない。ちょっと見守っていきたい個体である。

 ちなみに、登場した…なんて書いたが、実際は登場したわけではなく、見つけたというだけである。おそらく、前からここに居たのだと思う…。このところ、水温が急上昇し夏の海になってきた。…なので、ゴロタ周辺に生茂っていた海藻が一気に減ってきて、それまで海藻の陰に隠れていて目に付きずらかった生き物たちを発見しやすくなっているのだ。
 海藻のシーズンも、ならではのモノやシーンを見ることが出来てオモシロイのだが、岩礁域の生き物たちを観察しやすくなるのは、やはりこれから…。かなり楽しみな気分になってきているのであった。

コケギンポ科 / Chaenopsidae
コケギンポ / Neoclinus bryope (Jordan et snyder, 1902)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/07/22(火) 21:17:39Fish trackback:0 comment:0 コケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。