FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

コケギンポ / 井田

コケギンポ / 井田



 "赤黒"…繁殖期と現在の違いが最も目立たないのがこの個体。1月頃からの撮影画像をすべてチェックして、最も体色が濃くなっている画像(下・3月撮影)を選んだのだが、現在の画像(上)と比べても、同一個体だということがすぐに分かると思う。

 この個体は、かなりモテていたようで、求愛シーンも頻繁に見かけたし、繁殖期にはいつも卵を守っていた。
 見た目的には厳つく強面で、いちばん強そうに感じるのだが、前回も書いたように、モテ具合で"オレンジ"に負けているため、きわめて主観的なギンポゾーンにおけるランキングでは2番手だ。両者の対決を見てみたいような気もするのだが、コケギンポ同士の喧嘩を人間に当てはめると、両者が日本刀を持って切りあっているぐらい激しいものだと聞いたことがあるので、やはり、平和に何事もなく過ごして欲しいと思う。

 今回、この個体の画像を探すのが、いちばん手間取った。実は、もっとたくさん撮っているつもりだったのだが、撮影枚数そのものも少なかった…。理由は、体色の変化が少ないことや、巣穴の位置がイマイチで構図が限定されてしまったせいだと思う。もっと正確に言うと、デジカメの液晶モニターで見たときの写真写りが良くないのだ。PCのモニターで見ると、渋くて格好いいんだけどね…。やはり、記録画像はシッカリ抑えておかねばと思ったのであった。自然を対象にする場合、後で撮ろうと思っても撮れない事は多いのだから。

コケギンポ科 / Chaenopsidae
コケギンポ / Neoclinus bryope (Jordan et snyder, 1902)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/07/07(月) 23:43:02Fish trackback:0 comment:0 コケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.