FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

イサキ / 井田



 夏らしくイサキの若魚の群れが頻繁に見られるようになってきた。もちろんタカベやイワシ・キビナゴの群れも続々と現れる。小さな生き物たちも魅力的だが、魚の群れを追って中層をフルキックで泳いでいると最高に気持ちよくて、やはり、井田の海はこうでなきゃ!…と思ってしまう。

 ちなみに、今見られるイサキの若魚の群れは、上の画像よりももっと大きな群れで迫力がある。上の画像は、中途半端に群れ後方からの追いかけショットだし、それを狙って撮ったわけでもないので、かなり不本意な画像である。でも、旬の情報もUPしないと…ということで、とりあえず…(苦笑)。

 実は、もっとたくさんのイサキが写った画像も撮ったのだが、このサイトにUPするために画像を480×360ピクセルに縮小すると、どうしても、画像がグチャグチャになってしまって使い物にならなくなってしまった。イサキの縞模様が、縞模様にならずに唐草模様のようになってしまうのだ(苦笑)。緻密な平行線による縞模様がランダムに連続することになる密度の濃いイサキの群れは、解像度抜群のはずのデジタル画像が苦手とする被写体のようだ。

イサキ科 / Haemulidae
イサキ / Parapristipoma trilineatum (Thunberg, 1793)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/07/02(水) 22:45:04Fish trackback:0 comment:0 イサキ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.