FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

アオリイカ / 井田



 上画像はちょっと前に撮ったものなのだが、今現在の井田のアオリイカの産卵床はチョット凄い。これまでいろんな海で見た産卵床の中では最大級の大きさで、迫力満点なのだ。

 このところ、イカの寄り付きはイマイチのようなのだが、僕が見に行ったときは、けっこうイイ感じで数ペアが入ってきていた。産卵床が格好いいので撮影するには最高だと思う。去年も夏からが良かったので、今年もまた集まってくれないかな…と期待している。

 ちなみに、よく「狙い目はいつ?」と訊かれるのだが、狙い目を狙っているようでは大当たりを引くのはムズカシイと思う。同じポイントで何千本潜っていても、大当たりを引いた時というのは、驚きを感じるものである。驚くということは、予想外ということで、予想通りであれば驚きを感じることはない。

 もちろん、そうは言っても、これまでのデータや、潮汐・水温などから予測はしているし、短期的なスパンで見れば、ある程度の結果を期待することもできる。でも、同時に「今日は良かったヨ」という情報を得て、翌日行ってみたらダメだったということも数多くある。要はせこい事を考えずに信じて通ってナンボの世界だというのが、これまで長いこと海と向き合ってきて得た結論なのであった。

ヤリイカ科(ジンドウイカ科) / LOLIGINIDAE
アオリイカ / Sepioteuthis lessoniana (Lesson,1830)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/06/21(土) 23:41:00Cuttlefish / Squid trackback:0 comment:0 アオリイカ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.