Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

コケギンポ / 井田



 今、井田ではアオリイカの産卵が最高潮。南方系の魚たちも増えてきたし、定番の人気者たちも勢揃いしつつある。
 それでも、欠かせないのは浅場~浅瀬エリアの顔馴染みたちのチェック。そのチェックを欠かすと、見続けている連続ドラマのストーリー展開を語る上で重要な回を見落としたようなことになる心配があるのだ(笑)。そして、とりあえずといった感じででもシャッターを切り画像を残しておくと、その画像が、後になって役立つ貴重な参考資料になったりすることもある。

 コケギンポの仲間を分類する上では、胸鰭周辺が重要なチェックポイントになる。ところが、巣穴に入っていることが多いので、なかなかきちんと確認できない。もちろん採集して調べるなんてことは望まないし…。
 そこで、以前はコケギンポの縄張り意識の強さを利用して、コケギンポを怒らせ、巣穴から出てきたところを撮影し調べたりしたこともあったのだが、そんなことをしなくても、感情豊かなこの魚は、じっくりと付き合っていけば、胸鰭だろうが背鰭だろうが、いくらでも見せてくれることが分かった。やはり写真を楽しむのであれば、ナチュラルな場面がイイね。

 威嚇シーンもそう。このシーンは、揺れ動くウミシダの触手に噛み付く直前…というシーン。もう1秒シャッターを切るのが遅ければ、もっと面白いショットが撮れたのに…と思うととてもクヤシイ。口を大きく開けた!…というだけで、反射的にシャッターを切ってしまったのだった。ただ口を開けて威嚇しているシーンであれば、繁殖期に、これでもか!というぐらいたくさん撮ったのだから、もっと展開を見極めてからシャッターを切れば良いのだけど、なかなかそうもいかないのであった…。まさかウミシダに噛み付くとは思わないよなぁ(苦笑)。

コケギンポ科 / Chaenopsidae
コケギンポ / Neoclinus bryope (Jordan et snyder, 1902)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/05/24(土) 19:39:12Fish trackback:0 comment:0 コケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。