FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

マツバギンポ / 井田



 先日のこと、井田DCのてつ!氏からホシギンポのようなイソギンポのような魚がいるとのメールが届いた。添付された画像を見てビックリ!マツバギンポの幼魚であった。

 居場所は、たいていのヒトならスルーしてしまうような岩…と言うよりも石の上。さすが日々潜っている現地ガイドは見る目が違う。僕の場合、たまたまギンポの仲間が好きで、南の海などでも浅瀬で遊ぶことが多く、この種も何度か見たことがあったので、すぐにそれと分かったのだが、ほとんどのヒトは見つけたとしても、この種が井田の常在種と違うということにも気が付かないのではないかと思う…と言うか、あまり気にも留めないかな…(苦笑)。幼魚なのでとても小さいしね。

 どことなく微笑んでいるような顔つきが可愛らしいマツバギンポは、やや南方系のイソギンポの仲間。今年は早い時期から黒潮が急接近したので、そのときに流れ着いたのではないかと思う。過去にも伊豆のどこだかのポイントで記録されていたように思うが、大瀬や井田では、なかなかお目にかかれる機会は少ないと思う。僕が大瀬・井田エリアで見たのは今回が初めてである。
 パッと見た印象ではホシギンポ…顎の辺りの雰囲気はイソギンポという感じだが、眼上皮弁が二股に分かれ松葉状になっているのでそれと分かるはずだ。 

マツバギンポ / 井田

イソギンポ科 / Blenniidae
マツバギンポ / Mimoblennius atrocinctus (Regan, 1908)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/05/23(金) 23:02:43Fish trackback:0 comment:0 マツバギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.