FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

コケギンポ / 井田



  繁殖期が終息に向かい、静かな日々が訪れるかに思えたコケギンポゾーンだが、新たな季節は闘争の季節なのだろうか…。

 威風堂々!ダルマ模様の眼状斑を見せびらかすように鰭を全開にした実に強そうなコケギンポに狙われたのは、コケギンポゾーンきっての二枚目優男…それでいてまったくモテない黄色い個体である。もう1年間以上も同じ巣穴に住んでいたのだが、ついに追い出されてしまう日が近いのかもしれない。僕自身も数え切れないほど撮影しているし、おそらく、ここではもっとも多くのダイバーに鑑賞され撮影されたであろう個体だっただけに複雑な心境である。

 在りし日の黄色い個体→ http://aquaspace.blog1.fc2.com/blog-entry-697.html

 いつも穴から可愛らしい顔を出していたのだが、今日はまったく出てくる気配無し。穴の奥の方に引っ込んでしまっているのだ。巣穴の入り口でダルマ模様が狙っているからだ。

 実は、このダルマ模様、先週は、この辺りで最もモテモテのコケギンポの巣穴を狙おうとしたのだが、アッサリと撃退されてしまっている。あまりにも体色が違いすぎるので気が付かなかったが、特徴的なダルマ模様の眼状斑から同一個体であることが分かったのであった。やはり、モテる個体は女に強いだけでなく男にも強いのである。
 …で、弱い個体は、相手が強い場合と弱い場合で、あまりにも露骨に態度(体色)が違うのであった。キビシイ世界なのであった。

 モテモテ男に撃退されるダルマ模様 → http://aquaspace.blog1.fc2.com/blog-entry-886.html

コケギンポ / 井田
巣穴から出ることが出来ない…

コケギンポ / 井田
もはやこれまで…?

コケギンポ科 / Chaenopsidae
コケギンポ / Neoclinus bryope (Jordan et snyder, 1902)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/05/17(土) 22:22:13Fish trackback:0 comment:0 コケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.