FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

05-02-21-UdefuriTsunozayaU-.jpg
Thecacera pacifica (Bergh, 1883)


 そろそろ一発派手なネタでも披露したいところなのですが、今日も地味にいきます。
 大瀬崎もウミウシの季節に突入です。湾内の海藻のついている岩や石やロープなどをジックリ探すと、高確率で次々にウミウシがヒットします。湾内ならミノウミウシ系が多いですね。ミズタマウミウシも確認しています。外海ではオーバーハングした岩の裏面が狙い目です。ヒドラがついているような所を狙うと良いでしょう。ミアミラウミウシなども見つかってますね。
 写真は御存知ウデフリツノザヤウミウシです。コケムシ食いなので、探すときはコケムシがついているところを探すと良いでしょう。ウミウシの場合、その種の食料になるものがあるところで見られるケースがほとんどです。だから、図鑑の写真なんかを見るときも背景を要チェックです。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/03/01(火) 00:08:13Sea slag trackback:0 comment:0 ウデフリツノザヤウミウシ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.