Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ヒレナガカサゴ / 大瀬




 いわゆる季節モノの魚たち…若干の増減はあるものの、毎年たいてい時期になると同じような場所に現れる。そして、お約束のように、その姿を見に行くのであった。そんなことを飽きもせず20年間近く繰り返している(笑)。

 このヒレナガカサゴも、そんな季節モノの魚である。体長2cm足らずの幼魚。地味な魚なんだけど、見ていると、フサカサゴの仲間の幼魚にありがちな起き上がり子法師にも似た動きを見せてくれたり、大きな鰭を開いたり閉じたり…、なかなか可愛らしい。

 そろそろ夏かなぁ…という頃になると、ダイバーが活動するようなエリアからは姿を消す。深いところに行ってしまうんだと思う。春先の海の中というのは、海藻がいっぱい繁茂していて、そこでは微小な甲殻類などがいっぱいいる。これから大きくならなければならない幼魚にとって、食べ物がいっぱいあることは、とても重要なことだと思う。浅場と深場の水温差が少ないことも深場の魚にしてみれば好都合だろうけど、ヒレナガカサゴやホウボウといった深場系の魚の幼魚にとって、春先の浅場というのは強く大きく成長するため場所なのではないかと思ったりしたのであった。


ヒレナガカサゴ / 大瀬

フサカサゴ科 / Scorpaenidae
ヒレナガカサゴ / Neosebastes entaxia (Jordan et Starks, 1904)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/04/24(木) 00:01:17Fish trackback:0 comment:0 ヒレナガカサゴ / 大瀬
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。