fc2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

カニ… / 井田




 この日は、最近の僕としては珍しく、チョット深場を流してみよう…という気になった。なんとなく、変化が欲しいなあ…という感じだったので…。

 井田の深場は、大瀬の外海の深場と湾内の深場を足して2で割ったような雰囲気。でも、それよりはチョット単調な感じかな。

 底物よりも、中層を通り過ぎる魚群の方が気になるような感じで泳いでいたのだが、ふと、海底で不自然な動きを見せる枯葉に気づいた。
 その枯葉は、近づくと、また不自然にピタッと動きが止まった。フッ…甘いな…それで俺から隠れているつもりかい?…と思いつつ覗き込むと、そこに居たのが、このヘンテコなカニ。甲殻類の分類は門外なのでサッパリ分からないのだが、初めて見たカニだったので、シャッターを切っておいた。

 おそらく、はまゆうMSのいたる君が、正体を教えてくれるであろう。今日は、そのためだけに、この画像をUPしたのであった。

カニ… / 井田


カニ… / 井田


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/03/26(水) 21:05:09Crab / Shrimp trackback:0 comment:3 カニ… / 井田
コメント
この記事へのコメント
> いたる さん
 期待に応えてくれて、ありがとう!
 しかも、迅速なレスポンス、ウレシイです。

 調べたくないわけではないのだけれど、最近は本当に貧乏暇無しで忙しく、このブログを更新したり、メールの返信をしたりで精一杯という感じで…。
 そこで、甲殻類なら…と、顔が思い浮かんでしまったのが…(笑)。


 この個体、たしかにヒラホモラかフクレヒラホモラっぽいですね。
 ホモラ科の種が何かを背負うことは知っていたのですが、体系的にズングリしたイメージしか思い浮かばなかったのでノーマークでした。

 現場では、変なカニだなあ…と、じっくり見るには見たのですが、写真は数カットしか撮ってませんでした。もっと撮っておけば良かったかな…。

> ただいずれもネット検索では水深100m以深と書いてあります。そんなに潜ったんですか?(笑)

 チョットだけ深めですヨ(笑)。

 

 
2008/03/28(金) 20:28:48 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ちょっと進展がありました。

やはりホモラ科の方が近そうですね。
有力候補としてはヒラホモラかフクレヒラホモラあたりですかね?
ただいずれもネット検索では水深100m以深と書いてあります。そんなに潜ったんですか?(笑)
いや~物凄いもの見つけてますね。

あとは専門家に見てもらわないことにはなんともいえません。機会があれば聞いてみますね。
2008/03/28(金) 12:03:59 | いたる | #-[ 編集]
なんて人任せな、、、。そんなこと書かれたら調べないわけには行かないじゃないですか!
結論から言って僕なんかには分かりません。ただ結構特徴が話に聞くよりもだいぶ特徴的ですね。僕の知る限り写真のように何かを背負う種ってのはホモラ科、ヘイケガニ科、カイカムリ科、ミズヒキガニ科くらいなものでそのうち前2つの種類のどちらかだと思うのですが、、、。

最初はヘイケガニだ!と思ったのですがこの種は後ろの2対の足が短くその足で何かを背負うので写真の種(後ろ足が長い)とはちょっと違うなぁと。

で、次に背負う足が後ろの1対で比較的長いことからホモラ科かな?とも思ったのですがピンと来る種がいません。

そんな返答で満足していただけますでしょうか?
いや恐らくはダメなので引き続き調べてみます。




2008/03/28(金) 10:17:05 | いたる | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.