Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

シマヒメヤマノカミ / 井田



 このところ透視度イマイチで、早くも春濁り???…というムードが漂っていた井田の海。透視度が悪い…とか、浮遊物が多い…と聞くと、それだけで萎えてしまう人も多いようだが、その時によって、季節感が濃厚に漂う変化に富んだシーンを見せてくれることが伊豆の海の最大の魅力だと思う。
 …で、グリーンの海中を渋~く撮ってやろうか…と、渋い大人モードで井田にやってきたのだが、海に入ってみると、視界に広がったのは爽やかなブルーの世界。当初の目論見はすっかり忘れて、明るく楽しいダイビングを堪能してしまった。
 
 意表を突かれたのは海況だけではなかった。画像のシマヒメヤマノカミ。大瀬をメインに潜っていたときは、湾内の物陰で見かけることが多かったせいもあって、もうちょっと暗いところに居るイメージが強く、今回のように、高いところで陽の光を浴びているイメージではなかった。…なので、ふと見上げた視線の先に、この個体を見つけたときはチョット不思議な感じがした。

 井田で見たという記憶が比較的少ない魚なので印象に残っているのだが、ちょっと前にも、この近くで体長3cm程のシマヒメヤマノカミの幼魚を見ている(下画像)。今はちょうどそうゆう時期なのかな?

シマヒメヤマノカミ / 井田

フサカサゴ科 / Scorpaenidae
シマヒメヤマノカミ / Dendrochirus brachypterus (Cuvier, 1829)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/03/09(日) 19:30:09未分類 trackback:0 comment:0 シマヒメヤマノカミ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。