Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ヤミハタ / 井田

ヤミハタ / 井田




 次に撮影しようと思っていた被写体が居る場所へ移動中のこと、最初、その姿がチラリと視界の片隅に入ったときは、アカハタの幼魚だと思ったのだが、何か変…雰囲気が違う。そこで引き返し、近づいてよく見てみると顔の正中線にまっすぐに入った白いストライプがある。体長は50mmといったところだろうか…。ハタの仲間の幼魚であることは間違いない。
 ヤミハタの幼魚?…画像でしか見たことがないのだが、以前に目にしたヤミハタの幼魚ってこんなんじゃなかったっけ?…と、一生懸命に頭の中で整理されずに埋もれている記憶の糸を捜しつつ、パチパチとシャッターを切った。…で、帰ってから調べてみたのだが、やはりヤミハタの幼魚で良さそうな感じである。井田の海で、これを見れたのはけっこうウレシイ。

 現在水温15度少々…。グンと冬の水温まで下がってきた今は、実は南方系の魚探しのチャンスである。これまで、人目に触れずに隠れていた魚たちも、低水温でおかしくなってうろつき始めるのだ。そして、なんと言うか、場合によっては今がラストチャンスとも言える。水温14度を切ると、南方系の魚たちは次々と息絶えていくからだ。まだ見たことが無い魚と出逢う大きなチャンスであると同時にラストチャンスかもしれないという1月・2月の海というのは、けっこう気合が入る海なのであった。

ハタ科 / Serranidae
ヤミハタ / Cephalopholis boenak (Bloch, 1790)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/01/06(日) 23:43:10Fish trackback:0 comment:4 ヤミハタ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> きri さん
 はじめまして。
 コメントありがとうございます。

 このヤミハタ(yg.)は地味ですけど、とても印象に残った魚だったので、コメントいただけて嬉しいです。

 

 
2008/01/23(水) 23:00:04 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
タイミングのずれたコメントですみません
はじめまして^^
いつも楽しく拝見させていただいています。
どの写真もとっても素敵で…
でもこの写真が一番好きになったので,
ここにコメントさせていただきましたw
2008/01/23(水) 10:05:15 | きri | #qbIq4rIg[ 編集]
> Vin さん
 地味ネタにコメント、ありがとうございます!
 自分で見るだけでもウレシイですけど、レスポンスがあるとさらにウレシさが倍増します。
 
 岩陰の人目につかないところで暮らしていたんでしょうね…。おそらく、最期まで見つからずにいるヤツもいっぱいいるんだろうなぁ。そんなまだ見ぬ魚たちがいると思うと興味が尽きませんね。

 
2008/01/08(火) 21:52:11 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
まだ出るか~
まだこんなヤツがいたんですね~。まだダイバーの目に触れてないやつがいるのでしょうか?
それにしてもヤミハタだなんて、、、自分は名前も知りませんでした。(^^;;
2008/01/08(火) 12:19:45 | Vin | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。