FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

アカオビハナダイ / 井田


 


 最近はずいぶん大きく育ったアカオビハナダイ(yg.)。ずっと2個体でいっしょにいるところを観察できていたのだが、このところ1個体でいるところしか見かけない。いつも見られていたのが見られなくなると、チョット寂しさを感じる。
 アカオビハナダイの雄が興奮すると、いわゆる婚姻色に体色を変化させることはよく知られているところだが、雌や幼魚(もちろん雌)もかなり頻繁に体色を変化させる。色調や明度の変化なので気付きづらいところなのだが、意識して見ているとよく分かる。淡いピンク色が魅力の種だけに、そうゆう瞬間を撮影したいのだが、意外なほど濃い色になっていたりする。このときも、ややくすんだ感じになっていたので、スローシャッターでコントラストを落とし、なおかつやや強めのストロボ光を当ててオーバー気味の画像にしてみた。

ハタ科 / Serranidae
アカオビハナダイ / Pseudanthias rubrizonatus (Randall, 1983)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/12/22(土) 22:38:28Fish trackback:0 comment:0 アカオビハナダイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.