Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

タカベ / 井田




 井田や大瀬では、いわゆるネタ系の生き物たちが続々と登場しているので、そっちを紹介した方が良いのかな…と思いつつ、大好きなタカベの群れもお忘れなくということで…。

 今の井田ではタイミングさえ間違えなければ、ほぼ100%の確率でタカベの群れに出遭えるのだが、それでも、超ビッグサイズの大群に遭遇したときには、ちょっとした感動を覚える。ホント、視界の全方位360度が高速で移動するタカベで埋め尽くされるのだ。

 その迫力をどのように画にしよう?…というのが、いつも悩まされるテーマである。当然すべてを写す事はできないので、強い印象を与えられる部分を切り取ることになるのだが、肉眼で実際に見て迫力を感じる部分と、撮影して画にしたときに格好良くキマル部分というのは、けっこう違っていたりするというのがムズカシイところだ。たとえば、実際に見るには密集感が強い群れのほうが迫力があるのだが、写真で見る分には適度に隙間があったほうが躍動感がある群れに見える。…かと言ってスカスカじゃあダメなので、シャッターを切るポイントというのが重要になってくる。

 このときは、天気が悪く、時間も遅く、海の中はかなり薄暗いという状況。通常なら撮影できる状況ではないのだが、画質は無視してISO感度を思いっきり上げて撮影してみた。細かいことは抜きにして、とりあえず、このときの雰囲気は伝わる画になったと思う。まあ時にはこうゆうのもありかな…。

タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/12/13(木) 22:51:15Fish trackback:0 comment:0 タカベ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。