Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

イロカエルアンコウ / 大瀬


 


 大瀬に行ってきた。サービスに顔を出すと、いたる氏が「アレを撮りに来たんですか?!」とニコニコ。アレって何だろう?…何かスゴイのが出ているのだろうか?…このところ忙しくて、すっかり情報に疎くなっていて「????」という感じの僕。聞くと、何やらまだ世界でも数個体しか記録が無いという、フサカサゴ属の一種のえらく珍しいのが出ているらしい。…で、撮影した画像を見せてもらったのだが、確かにオモシロそう。これは撮りにいっておこうかな…ということになった。例によって、途中で情報に無かったカエルアンコウが居たりして寄り道しながら辿り着き、撮影してきたのだが、みちくさが多かったせいもあって、あまり大きな声では言えないぐらいドォ~~ン!と窒素を溜め込んでしまった。まあ、それぐらいオモシロイ魚だったのだけれど、もうネット上には情報が出回っているようなので、その画像はまた別の機会に。

 …で、今日撮りたかったのは、上の画像のイロカエルアンコウ。紫色っぽかった体色から大瀬では「葡萄」と呼ばれている個体。カエルアンコウ好き仲間のあいはら氏から、現在、場所は固定していないようだけれど、ウロウロしていて時々目撃されているというエリアの情報をもらい外海に向かった。1本目に溜め込んだ窒素が抜け足りない状況だったので、けっこうシビアな捜索&撮影になりそうだが、いちおう覚悟を決めてプランをイメージする。折しもの西風でけっこう荒れている外海。入り易そうな大川下からのエントリーも考えたが、移動距離を考えると時間が足りない。おまけに表層は間違いなくアゲインストで向かうことになる。やはり、一本松あたりから攻めようとエントリーする。波打ち際の波高は、膝下あたりの水深のところで肩を超えてくるぐらい。足場が悪いだけにやはりけっこうシビア。でもまあ、誰も海には入っていないので貸し切りだ!…と、ハイテンションで目的地へ向かって泳ぐ。
 …で、このイロカエルアンコウ、あまりにもイメージどおりの場所に居てくれて、アッサリと見つけることができてしまった。やっぱり大瀬もイイなあ…と御機嫌で手早く撮影撮影。今となっては現地では旬を過ぎているネタかもしれないけれど、個人的に見たかった個体なのでとてもウレシイ。帰りは気分がイイので勢いにのって、旬ネタのフリソデエビとウミウシカクレエビなんかも見物しつつ、ベニカエルアンコウやカミソリウオなども居たりして、かなりキビシイ時間制限の中、充実の1DIVEを過ごすことができた。はまゆうMSのあいはら氏&いたる氏に感謝である。

カエルアンコウ科 / Antennariidae
イロカエルアンコウ / Antennarius pictus (Shaw et Nodder, 1794)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/12/07(金) 23:08:07Fish trackback:0 comment:2 イロカエルアンコウ / 大瀬
コメント
この記事へのコメント
UMEDAさん、毎度です。

 ここんとこの好みの撮り方なんですけど、カエルアンコウは、より魚っぽくないように撮りたいもので…。でも、ローアングルからの表情はイキ過ぎって気もしますね(笑)。たしかにちょっとコワイかも…。

 このカットは、水の青をフレームに入れたくて下方から構えることになったんですけど…。まあ、可愛く撮りたいときに、ローアングルから攻めるのは止しましょうってことで。

12月もお待ちしてます。
2007/12/08(土) 22:31:52 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
うぅ~~~ん・・・。
このカエルアンコウは妖怪みたい!

角度(撮り方)によっては、このような画にもなるんですね。


12月もヨロシクです♪
2007/12/08(土) 17:50:23 | UMEDA | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。