FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

キビナゴ / 井田


 


 このところイマイチ水がクリアに抜け切れず、井田らしい透明度を求めて来るには、少々ギャンブル性が高くなってしまっている井田だが、それでもハズレくじのレベルが高いのでOKという感じでもある。何と言うか、ここで悪かったら他も悪いだろう…ぐらいの気分でいられるのが、ここのイイところなのだ。透視度10mオーバーでもイマイチだと思ってしまうのが井田の贅沢とも言えるだろう。…で、当たるときは大当たりが当たるのもここのイイところ。ビーチエントリーポイントながら潮通しのいい井田では、いきなり唐突に驚くほどクリアなコンディションになる。このときもそうだった。軽く30m以上先にある岩がハッキリクッキリと確認することが出来た。見え過ぎる違和感を感じてしまうほどの透視度だ。
 そして、そこに渦巻くキビナゴの大群が凄かった。実際の現場はもっと凄くて、こんな写真では表現しきれない美しさであった。こうゆう群れを撮るときは、普通水平方向から上方に向けてカメラを構えるのだが、このときの雰囲気を伝えるためにあえて俯瞰で撮ってみた。

ニシン科 / Clupeidae
キビナゴ / Spratelloides gracilis (Temminck et Schlegel, 1846)
FUJIFILM FinePix F30

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/10/24(水) 23:10:54Fish trackback:0 comment:4 キビナゴ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> Mayumi さん
 このところ透視度はサイコー!って感じではないんですけどね…(笑)。このときはサイコー!でした。

 でも、コンディションが良いって聞いてから行くんじゃダメなんですよね。そうすると、たいてい遅れをとるんです。コツコツとコンスタントに通っていれば、良い時に当たる確率が上がってきますヨ。

 まあ、統計的に、秋冬はベストシーズンですけどね。

 他のポイントもいろいろ行きますヨ!お小遣いの使い時です!(笑)
 いい海をたくさん見たいですね!

 
2007/10/25(木) 23:17:04 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ホントに抜けてますねぇ★
そして群れてますねぇ♪
やっぱり群はいいですねぇ
私も早く群が撮れるようになりたいです!

先週お邪魔する予定でいたのですが、とある病気の治療中で断念しました。。。
来月になれば大丈夫になると思いますが・・・
このいい時期を逃したくないと焦っております(苦笑)
他のポイントも攻める?!
ぜひ ご一緒させてください!!!
もちろん井田もですけどね☆

2007/10/25(木) 22:24:53 | Mayumi | #-[ 編集]
> UMEDA さん
 通っていれば、良い事があるってことです(笑)。

 週末はお疲れ様でした。
 ちょっと狙いが中途半端になってしまい、どっちつかずのダイビングになってしまったようなのが残念です。次回からは明確なテーマを持って潜ります。群れを狙うときは妥協せずに狙いますんで。

 これからの季節、僕も楽しみです。他のポイントも攻めますんで、ぜひ行きましょう!もちろん、どこで潜るときでもウチのスタイルでいきますよ!
2007/10/25(木) 21:25:53 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
あれっ!!!

ここは海外ですか!?(笑)



先週は、こんな色してませんでしたが・・・。



冗談はさて置き!先日は、ありがとうございました。

最後に群れを探して頂きましたが、残念・・・。


これからの季節!楽しみしております。




2007/10/25(木) 13:01:02 | UMEDA | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.