FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

アオリイカ / 井田



 今年の井田のアオリイカは凄かった。見ているだけで楽しくて楽しくて…、そのせいで浅場以外では他のネタを探せなくなりそうなぐらいであった。でも、アオリイカの産卵は、毎年いつでも活発というわけではなく、その年によって多かったり少なかったり…なので、イイ年は存分に楽しんでおくのが正解のように思っている。

 今年は、コンパクトデジカメオンリーで臨んでみたのだが、やはり難しかった…。マニュアル露出機なら、もうちょっとやりようがあったのかもしれないが、今期のメインカメラはFUJI FILMの"FinePix F30"…オート専用機である。ああでもない…こうでもない…と試行錯誤をくりかえしたのだが、結局はギブアップ(苦笑)。最初の頃は情報という意味合いも含めて画像をUPしていたのだが、撮り続けていくうちにフラストレーションばかりが溜まってしまい、ここで公開するのにも躊躇ってしまったのだが、最近、更新も滞っていることだし、何点かをUPすることにした。井田のアオリイカたちの雰囲気だけでも伝えられたらと思います。

ヤリイカ科(ジンドウイカ科) / LOLIGINIDAE
アオリイカ / Sepioteuthis lessoniana (Lesson,1830)
FUJIFILM FinePix F30


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/09/16(日) 21:28:20Cuttlefish / Squid trackback:0 comment:2 アオリイカ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> divedeep さん

 コメントありがとうございます。
 
 今年はアオリイカたちが絶好調で、その素晴らしい光景を写すため銀塩を復活させようか…とも思ったのですが、やはりコンパクトデジタルカメラのみで頑張ってみました。
 僕の場合、外部ストロボなども使わないというリアルコンパクトスタイルなので、制限だらけなのですが、怪我の功名という感じで面白いのが撮れたりもします。
 光のコントロールはシャッター速度と絞りとISO感度のみ、そうなると必然的に構図やシーンの面白さが肝になってきますんで、構図を気に入っていただけたのはウレシイ事です。
2007/09/17(月) 23:19:08 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
(´-`).。oO GJ !
これは水墨画的な構図がもっとも印象的です。
素晴らしい。
雪舟の 秋冬山水図 冬景 が彷彿として来るのは
私だけでしょうか。
2007/09/16(日) 22:21:10 | divedeep | #BW6/sfyE[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.