Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

交接中のサラサウミウシ / 井田

サラサウミウシ / 井田






 一時期の"ウミウシブーム"といった気配は落ち着いた感があるが、それでも、ウミウシが大好きというダイバーは以前より確実に増えている。派手なネタが少ない冬場の狙い目として、ガイドにも重宝がられているようなので、いろんなウミウシを見るという楽しみ方が認知されやすい状況もできていて、現在では、ウミウシを狙ってダイビングするというスタイルが、ひとつのジャンルとして確立しているように思う。同時に、本格的にウミウシを狙うとなると、かなり地味な環境化で極端に移動を抑えてじっくりと潜ることになることも少なくないのだが、そのせいか、「ウミウシ狙いはチョット…」と敬遠される方もけっこう多いような気がする。

 個人的には好き嫌いが無い性分で、なんでもオモシロがって興味を持ってしまう方なので、ウミウシにも興味は尽きないのだが、うちに潜りに来るゲストの方には、コアなウミウシファンという方が極端に少なかったということもあって、いわゆるウミウシ狙いという潜り方をすることは多くなかった。
 しかし、なぜかここにきて「ウミウシを見たい」というリクエストをされる某S氏というヒトが、月に2度も3度も潜り来られるようになっていて、それでは…と、ウミウシ探しにせっせと精を出している今日この頃なのであった。

 そういえば、チョット前に"超"が付くぐらいウミウシ好きな方が潜りに来られたのだが、その方のログブックを見て感動してしまったことがある。スケッチブックにデジカメで撮影したウミウシの写真をビッシリと貼り付けてあったのだが、コメントが添えられたキレイな写真がセンス良くレイアウトされていて、見ていて楽しくなるものであった。某S氏もその域まで行ってくれるかな。


 画像は、交接中のサラサウミウシ。交接器で繋がっているのがよくわかるのだが、さすがにウミウシ…、魚類のような派手な求愛などのアクションも無く、ただおもむろに歩み寄り近づくと、お互いの体側からおもむろにニュウっと交接器が現れ、おもむろに交接するという感じである。こうゆう場合、見ているほうもおもむろにカメラを構え、おもむろにシャッターを切り、おもむろにうなづくのであった。


裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
イロウミウシ科 / Chromodorididae
サラサウミウシ / Chromodoris tinctoria (Ruppell & Leuckart, 1828)
OLYMPUS C750 UZ



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/05/16(水) 00:20:16Sea slag trackback:0 comment:0 サラサウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。