FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

オオモンカエルアンコウ / 大瀬崎





 
 このところオープンウォーター講習・アドヴァンス講習・レスキュー講習‥そしてまたオープンウォーター講習と講習続きで、まともに撮影できていない。講習の合間を見つけてガイドのためのネタ探しに潜ったりはしているものの、撮影しようというモチベーションと実際の状況とのリズムが合わないとでもいうのであろうか…結果がついてこない(苦笑)。それでも、腐らずに海に臨めるのは、潜れるようになりたい‥上手くなりたいという、確かな意志を持って海に来てくれる講習生の皆のおかげだろう。

 …とは言え、撮影が上手くいかないというのはストレスだ。原因が自然のことなら諦めるものの、機材の故障などのトラブルのせいで撮影できないとなると、そのストレスは最大限に増幅される。今日は、またもやオリンパスのxD-Picture Cardのトラブルが発生した。これでもう3回目だ。同じxD-Picture Cardでも、FUJIFILMブランドのものは、3年間使い続けて(撮影枚数はオリンパスブランドの40倍以上)いるにもかかわらずノントラブルなので、あきらかに信頼性が違うとしか言いようがないであろう。
 狙っていた被写体をやっとで見つけて、いざ撮影しようとシャッターを切った瞬間に撮影不能に…。あるいは、今日一日バシバシと撮りまくり、しかもイイのが撮れているという手応え満点のときに、いきなりエラーが出て、1日分の撮影データが全て吹っ飛ぶとか…。最悪としか言いようがない。使わなきゃいいと言ってしまえばそれまでなのだが…(苦笑)。まあ、少なくとも、もう二度と買うことはないだろう…。

オリンパス(サムスン)とフジフィルム(東芝)のxDピクチャーカード



 写真は、だいぶ前に撮影した大瀬湾内のオオモンカエルアンコウの幼魚。いつも気前良く同じところに居てくれたのだが、肝心なときには居てくれなかった…という困ったコでもあった。

カエルアンコウ科 / Antennariidae
オオモンカエルアンコウ / Antennarius commersoni (Latreille,1804)
OLYMPUS C750



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/03/18(日) 22:45:30Fish trackback:0 comment:0 オオモンカエルアンコウ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.