FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

Digital Gallery 226 / Neoclinus bryope

Digital Gallery 226 / Neoclinus bryope
Ita Izu Peninsula
OLYMPUS C750 & PT018 + Special lens 2
f4 1/250 ISO50



 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/02/21(水) 21:57:09Photo Gallery trackback:0 comment:4 Digital Gallery 226 / Neoclinus bryope
コメント
この記事へのコメント
> ドイ さん
 貴重な意見…となるかどうかは分からないですヨ。余計な一言だったってことになるのかもしれませんし…(笑)。 

 ぜひとも買って貸して下さい(笑)。

 …冗談はさておき、どんな機種でも実際に使い込んでみないと分からないですから。

 コンバージョンレンズを付けることは可能だと思うんです。異形ポートだとしても、ちょっと改造すれば可能なはずです。でも、クローズアップレンズを使えるようにすると、ワイド側は使えなくなってしまうとか…ってことになりそうですね。

 ちなみに、今日は、CASIOのEX-Z1000というのを借りてみました。結果は………。あきらかに使いづらい機種ってのは存在しますね。
2007/02/25(日) 00:22:38 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
なるほど
いきなりの質問に丁寧に対応していただき本当にありがとうございました。

確かにコンバージョンレンズが付けれない可能性高そうですね。

ご意見を参考に少し様子を見てから考えます。ただこのデジカメを使ったmatsukawaさんの撮ったミリ単位のウミウシもちょっと見てみたいです。

貴重なご意見本当にありがとうございました。
2007/02/23(金) 16:59:58 | ドイ | #-[ 編集]
> ドイ さん
 はじめまして。

 コメントありがとうございます。

 SP-550UZに関する件…すでに2桁に達する数の質問をいただいています。率直に言って、まだ実際に撮影してみたことが無いので、自分はコメントできる立場ではないと思っているのですが、ここで質問をいただいたので、僕なりに、気になるポイントがあるので書いておきますね。

 まず、35mmカメラ換算で28mm~504mmという高倍率ズームが可能というところが、いちばんの肝になると思うのですが、望遠側の504mm域での超クローズアップ撮影は、ミリサイズのウミウシ撮影など、面白く使えるのではないかと思います。しかし、個人的には、撮影倍率に関しては、C-750の380mmで必要にして十分だと感じています。

 広角側が28mmという点は望遠側504mmより魅力的です。しかし、こと水中撮影に関して言えば、28mmでは広角としては物足りません。…で、結局ワイコンなどを使用することになると考えれば、大きなメリットとは言えなくなります。

 さらに、SP-550UZは、高倍率ズームでの画質を確保するために、構成レンズ群の前群部を移動させてズームさせているという情報が入っています。そうなると、焦点距離によってレンズの全長が変化することになるのかもしれません。28mmレンズをハウジングに入れる場合、画角を確保するためにポートの口径を大きくしなければならないと思うのですが、一般的な全長が変化するタイプのズームレンズを考えると、広角側でレンズが短くなるため、さらに口径を大きくしなければならないでしょう。CanonやPanasonicの一部機種は、ポートを円形ではなく、異形化することで対応しているようですが、OLYMPUSオフィシャルサイトの純正プロテクターの画像を見ても、同じように対応しているように感じられます。そうなると、コンパクトデジカメの最大の利点のひとつである外部コンバージョンレンズでの対応という部分で問題が出てくる可能性があります。

 最新機種ですんで、いろいろな部分で性能がUPしているかもしれません。AF速度やメディアへの書き込み速度、シャッターレスポンスなど、C-750UZで物足りない部分が進歩しているのなら、それは大きな魅力でしょう。でも、コスト等との絡みもありますんで、あまり期待はしてません(笑)。

 水中撮影に関してのSP-550UZに対する印象というのは、まず、こんなところです。

 オカネがいくらでもあるなら、SP-550UZならではという部分(高倍率撮影など)だけに、投資をすることを考えられるかもしれませんが、現時点では様子見といった感じです。
2007/02/22(木) 20:57:44 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
はじめまして。
いつも興味深く見させていただいています。
突然質問で申し訳ありませんが、OLYMPUSからSP-550UZがでますが光学18倍のこのモデルをどう思いますか? C750 も使われてるのでお伺いしました。コンデジではかなりおもしろいんじゃないかと思ってるんですがどうですかね?

2007/02/22(木) 19:34:23 | ドイ | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.