FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

タスジウミシダウバウオ / 大瀬崎





 
 久々に大瀬で潜ってきた…と言っても、講習でだが。
 このところ、潮当たりのイイ井田で潜ることが多かったので、大瀬の湾内や岬の、ちょっと浮遊物多し…といった感じのドンヨリした水からは、よりいっそう濃厚な春の気配が感じられた。いろいろネタが豊富だという外海は、おそらくスッキリときれいだったのだと思うのだが、やや波があったので残念ながら今回はパスせざるを得なかったのだ。
 それでも、やっぱり大瀬の海も面白い。水がキレイなのに越したことはないのだが、この濁った感じの中でいろいろな生き物を見ることが出来るというのも大瀬の魅力であると思う。

 岬で、ふと視界に入ってきたウミシダの触手が妙な動きをしているような気がしたので、よく見てみると、触手が動いているのではなく、触手の前をこのタスジウミシダウバウオがフワフワと泳いでいるところだった。
 ウミシダの触手の上に乗っていたり、触手の隙間から顔を覗かせていたりするタスジウミシダウバウオの写真をよく見かけるので、そんなカットを撮ってみたいなぁ…と思い、少しプレッシャーをかけてみたら、なんとコイツはウミシダを放棄して、スゥ~ッと、その場を離れようとしてしまった。なんてこったい!…と、慌ててウミシダの方に誘導したのだが、なかなかウミシダに近づこうとしない…。そんな無防備に泳いでいたら近くにいるアナハゼに食われてしまう…ちょっと焦った。それでもどうにかウミシダの中に隠れてくれたので、「もうチョッカイ出さないから、そこで隠れていろヨ」…と、写真は諦めて、その場を去ることにした。それにしても、こんなにあっさりとウミシダを放棄したっけ?…と、ちょっと不思議に思ったのであった。
 写真は、見つけたときに撮った最初の1カット。上記のとおり、ちょっとドタバタしてしまって、これしか使える写真は撮れなかった(苦笑)。


ウバウオ科 / Gobiesocidae
タスジウミシダウバウオ / Discotrema lineata (Briggs, 1966)



 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/02/14(水) 21:35:15Fish trackback:0 comment:4 タスジウミシダウバウオ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> のざわさん
 僕も伝えられないです(苦笑)。

 若い頃は、何か見たりしたら、自分もお客さんと一緒に、はしゃいだりしてましたけど、今は一切そうゆうのも無しです。それに、僕が人気の魚を見てはしゃいでたら、逆に嘘臭いですし…(笑)。
 同時に海のもので嫌いなものとか興味が無いものってのも無いんですよ。みんな好きです。あと何本潜ったら引退なんだろう…と考えるようになってから、すべてのものに愛情を覚えるようになりました。だから、人気種だろうが、普通種だろうが、格差無しの扱いです。まあ、伊豆でクジラでも見たらはしゃぐかもしれませんが…(笑)。

 まあ、いずれにせよ、見るヒトの感性に委ねるしかないですね。それがイチバンだと思ってます。
2007/02/16(金) 23:43:58 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
僕もウバウオの仲間は大好きです。
この魚も含めて、テンジクダイ科の魚やタナバタウオ科の魚の魅力を話をしていて、イマイチ反応が無いことがありました!(苦笑)
その人達に、あまり自分の価値観を押し付けてもいけないなぁって反省したことがありました。(結局、雑誌等で紹介されることの多い、人気の魚の話題では盛り上がりましたけど・・・!)
僕も、好きな魚の魅力が伝わるように、頑張りたいです。
2007/02/16(金) 17:01:57 | のざわ | #-[ 編集]
> のざわさん
 コメントありがとうございます。

 皺はウバウオの仲間の魅力ですよね。僕も好きです。

 この画像は、もっとビシッと撮りたかったです。もっといい瞬間(表情と背景)を狙えたはずなんですが、ものすごく詰めが甘いカットになってしまいました。でも、このときは、これしか撮れなかったもので、これでご勘弁を…という感じです。ちなみに最大のシャッターチャンスは、このカットの直前と直後でした(苦笑)。

 しかし…タスジウミシダウバウオはけっこう人気があると思ってたんですが、人気無いですかねェ?
2007/02/14(水) 22:50:01 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
お腹あたりのシワに躍動感が感じられ、いいですね!
このタスジウミシダウバウオ自体も魅力がありますが、綺麗なウミシダを背景にできることなどから、もっと人気がでてもいい魚だと思います。

2007/02/14(水) 22:07:43 | のざわ | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.