FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ベニイザリウオ / 井田





 ちょっと小柄な個体。だいたいいつも同じ辺りに居るのだが、居ないことも少なくないというのが悩ましい。しかも、この個体は、かなりシャイな性格らしく、滅多に目立つ場所には出てきてくれない(他のヒトが見るときは違うのかもしれないけど…)。自分が見るときは、いつも、岩と岩の隙間にあるザラカイメンの裏側という、事実上観察不可能に近い位置に隠れている。かろうじて尾鰭だけが見えていたりするので、その存在を確認することが出来るという感じだ。
 …で、その顔をきちんと見てみたくて、岩の隙間にデジカメを突っ込み、何度か勘だけでレンズの向きを調整し撮影したりしていた。まったく写っていなかったり、写っていても下半身だけ…あるいは顔半分だけ…、どうしようもないピンボケ…と、苦戦を繰り返していたのだが、このときはモゾモゾと動いていて何枚か普通に撮影することが出来た。けっこうカワイイんではないかな…。実にベニイザリウオらしいベニイザリウオだと思う。


イザリウオ科 / Antennariidae
ベニイザリウオ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)
OLYMPUS C755


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/01/23(火) 20:12:51Fish trackback:0 comment:0 ベニイザリウオ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.