FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

アライソコケギンポ / 井田





 どの画像をUPしようかな?…と考えたのだけれど、今日、いちばん撮影にてこずったコケギンポの画像を載っけておくことにした。
 水深3m、カメラを構えても、一発で2m以上体の位置が動いてしまうという、ヘビーなウネリの中で苦戦しながら撮影した1枚。
 このコケギンポのトサカも、激しいウネリの中で激しく乱れていた。その乱れた瞬間を撮りたかったのだが、そうゆうときは、こちらの体勢も思いっきり乱れているというわけで、きわめてフツウのカットしか撮ることができなかった。ヘビー級の低気圧によるウネリの力にはかなうわけはない。だったら、もうちょっと静かな海況の時に撮ればいいのだろうけど、ちょっとムキになってしまったのだった(苦笑)。
 この数日の嵐のような西風による波とウネリで、浅瀬の岩はかなり動いてしまった。コケギンポたちも困っていることだろう。

コケギンポ科 / Chaenopsidae
アライソコケギンポ / Neoclinus okazakii (Fukao,1987)
OLYMPUS C750


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/01/08(月) 23:54:39Fish trackback:0 comment:6 アライソコケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> pegasus
 いろいろいます。

 このところ井田ではコケギンポがよく目に付くので20個体ぐらい撮影しているのですが、その中にも、同じように触覚状のものが写っているのが何枚かありました。

 コケギンポのいる岩の特徴は、穴や亀裂が多い岩なのですが、ゴカイの仲間が居る環境とダブるのでしょうね。
2007/01/15(月) 10:45:13 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
へぇ~~
ゴカイですか~
色々いるんですね。
これからも楽しみにしています。
2007/01/14(日) 15:44:20 | pegasus | #3w1i4LdU[ 編集]
> pegasus さん
 はじめまして。
 いつも御覧いただいているとのこと、ありがとうございます。

 コケギンポの後ろに見えるもの…、これはおそらくゴカイの仲間の触手か何かだと思いますヨ。この画像だと種までは分からないのですが、マクロ撮影をしていると、チンチロフサゴカイの触手なんかが写ってしまっていることが多いです。背景に写る分には、あまり問題無いのですが、ときどき、魚の顔の前にあったりして、そうゆうときは困りますね。

 
2007/01/11(木) 21:04:09 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
はじめまして。
matsukawaさん、はじめまして。
ブログになる前から楽しませていただいております。
いつも「凄い!」と唸る写真ばかりで、matsukawaさんの写真を見ると自分の写真が恥ずかしくなります…

このコケギンポの写真もステキですね!
そして私が気になったのがバックです。
もしかしてコケギンポの後ろにイソギンポもいるのでしょうか?
なにか気になる日弁のようなものが・・・
だとしたら私の見たことが無いシュチエーションです。
勘違いだったらごめんなさい。

これからも楽しく拝見させて頂きます。
2007/01/11(木) 12:19:51 | pegasus | #-[ 編集]
> のざわさん
 写真も日々練習!どんなときでも撮れるなら撮ります。のざわさんの筋トレと同じですヨ(笑)。

 
2007/01/10(水) 22:48:22 | matsukawa | #CsXGUp9w[ 編集]
のざわです。
凄い。凄すぎる。
あの爆弾低気圧の中、しかも水深3mのコケギンポっだなんて・・・。
しかも、うねりになびいている皮弁が、整髪したてみたいで可愛いです!
2007/01/10(水) 18:53:13 | のざわ | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。