FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

タカベ / 井田





 元旦2本目15時頃、今回こそは"小ネタ"を…と思っていたのだが、またもや吸い込まれるように沖合い中層へ…。遠目に見てもそこだけ海の色が違うのだ。わっせわっせとフィンキックしてその青黒いところを目指した。そこには予感どおりモンモス級のタカベの大群が…。一瞬にして前後左右上下全方位360度の視界がタカベに埋め尽くされる。体積で言うと学校の体育館10個分ぐらいだろうか…、それが、こっちと一緒に移動しているので、いくら泳げども群れの中を出ることが出来ない。岸付近のゴロタ斜面でハゼか何かを撮っているであろう連れの方にも、この大群を見せてあげたくて。なんとか岸に寄せることにする。まずは沖側に出なくてはならないのだが、かなり透視度が良いにもかかわらず、すでに海底はまったく見えないのでチョット不安。それでもなんとか沖側に回りこむことに成功したので、今度はコンパスで方向を確認して、岸方向に追い込む。ハアハアと息を切らせながら泳ぎ回りプレッシャーをかける。大群はまるで一つの巨大生物かのように時には速く時にはゆっくりとウネり変形し徐々に移動する。分離離脱していく集団もいるのだが、そいつらまで追っていられない。深度が浅くなり海底が見えてきた頃には群れの大きさは1/4程度になっていたがそれでもまだ迫力がある。我ながらガイドよりも追い込み漁の漁師でもやった方が向いているかもしれないと思う(苦笑)。ゴロタ斜面が見えてきた頃には、こっちも泳ぎ疲れてしまったので、あとはタカベたちの気分に任せ中層をノンビリ泳ぎながら何枚か撮影した。上の画像はそのときのもの。100枚ぐらい貼り合わせたら、そのときの臨場感に近いかもしれない。元旦早々泳ぎ回って疲れたのであった。

タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)
FUJI FinePix F30


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2007/01/01(月) 23:55:43Fish trackback:0 comment:0 タカベ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。