Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニイザリウオ / 井田






 これぞという感じの定番カラーのベニイザリウオ。このところいつも同じところに居てくれるとっても良いコ。

 しばらくカメラの話ばかりしていたんで、今回は魚の話を…。

 知ってるヒトはとっくの昔に知っていることだが、"差別魚名改名案"という動きがある。魚の名前にはキワドイものがけっこう多いのだが、その辺を是正しようというものだ。"メクラウナギ""オシザメ""セムシカサゴ""バカジャコ"…そして、"イザリウオ"の仲間も、当然その対象になっている。

 差別用語というのは、使用するときの差別意識の有無が大きな問題なのであって、その捉え方がムズカシイ部分もあるのだが、不快だと感じる方がいるのであれば、是正する動きがあってもいいとは思う。
 イザリウオだが、個人的には、"イザリウオ"と呼ぶ分には、さほど抵抗感を感じなかったりする。でも"イザリ"とか"○○イザリ"…という感じで省略した呼び方をするヒトが多く、そんなときに、かなり抵抗を感じていたのは事実だ。

 ベニイザリウオの場合どうなるのかと言うと、「イザリウオ亜目/イザリウオ科/イザリウオ属/ベニイザリウオ」だったものが、「カエルアンコウ亜目/カエルアンコウ科/カエルアンコウ属/ベニカエルアンコウ」となる。では、イザリウオの仲間を全部書いてみよう。

イザリウオ      → カエルアンコウ
イロイザリウオ    → イロカエルアンコウ
ベニイザリウオ    → ベニカエルアンコウ
エナガイザリウオ   → エナガカエルアンコウ
ウルマイザリウオ   → ウルマカエルアンコウ
カスリイザリウオ   → カスリカエルアンコウ
ソウシイザリウオ   → ソウシカエルアンコウ
オオモンイザリウオ  → オオモンカエルアンコウ
クマドリイザリウオ  → クマドリカエルアンコウ
ボンボリイザリウオ  → ボンボリカエルアンコウ
ロケットイザリウオ  → ロケットカエルアンコウ
ヒメヒラタイザリウオ → ヒメヒラタカエルアンコウ
イザリウオモドキ   → カエルアンコウモドキ
ムチイザリウオ    → ムチカエルアンコウ


参照サイト http://www.fish-isj.jp/iin/standname/opinion_collection/change_name.html

 カエルアンコウ…。まあ悪くないかもしれない。けっこう可愛らしい語感があるし、只者ではないというムードもある(笑)。

 ガイドネタとして考えた場合、和名の影響力はけっこう大きい。名前がオモシロイというだけでもゲストの興味を惹くことが出来るし、逆に名前が地味だというだけで、人気の生物と同じような生物であっても、全然人気薄ということもよくあることなのだ。

 現在のところ"案"なのだが、早ければ来年早々には、そうゆうことになるのではないかな。

 ただ…ひとつモンダイがある。そうなった場合、このブログも含めて自分のWEBサイトに記載された全ての"イザリウオ"という語句を、"カエルアンコウ"に書き直さなければならない。イザリウオ好きだけに、その掲載数は少なくないので、考えただけでチョットうんざりしてしまう(苦笑)。


イザリウオ科 / Antennariidae
ベニイザリウオ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)
FUJI FinePix F30



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/12/26(火) 00:00:40Fish trackback:0 comment:2 ベニイザリウオ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> つな
かえるあんこう…
このネーミングは、僕もけっこう気に入っています。
なんか怪獣みたいでいいですね(笑)。

> でもこーんなんにたくさん種類がいたとは!

まだ見たこと無いやつを見てみたいですね。
ロケットイザリウオとか…
2007/01/12(金) 13:18:02 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
かえるあんこう
ってかわいい名前ですよね。
悪くない!

でもこーんなんにたくさん種類がいたとは!!
2007/01/11(木) 22:47:02 | つな | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。