Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

マツカサウオ / 井田





 
 子供の頃に見た図鑑からの知識で、マツカサウオというと暗闇で発光する魚という認識を持っていたのだが、実際にダイビングをするようになってから、光っているところをまだ見たことが無いことを、ふと思い出した。そのユニークな風貌が、発光したりしなくても充分に魅力的なので、意識の外に埋もれてしまっていたんだと思う。
 今回UPした写真は2枚とも幼魚。上の写真と下の写真の大きい方は体長2cmぐらい、下の写真の小さい方は1cm未満のとても可愛らしい個体だ。井田や大瀬では岩陰などの暗くなっているようなところで、わりとよく見かけるのだが、岩陰から出てきてソフトコーラルなどに寄り添うようにしている姿を見かけることもある。
 ちなみに、発光器官は下顎の先端にあるらしいのだが、そこに共生バクテリアがいて、そいつが発光するらしい。光そのものは弱々しいとのことなので、やはり、ナイトダイビングなど真っ暗な状態での観察が必要になるだろう。どんなものなのか、一度は見ておきたいと思う。


マツカサウオ科 / Monocentrididae
マツカサウオ / Monocentris japonica (Houttuyn, 1782)



マツカサウオ / 井田


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/11/29(水) 00:00:18Fish trackback:0 comment:4 マツカサウオ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> どーら さん
 やはり、どーらさん的にはイチモンですか…。
 自分も、どーらさんのサイトを見て、イチモンっぽいなあ…と思ったわけですんで、そうなるのは当然といえば当然なんですけど、やはり、その視点で見るのは初めてですから、自信が無いんですよね(笑)。でも、今後、見ていく上で役にたちます。ありがとうございます。
2006/12/02(土) 22:15:39 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
僕もイチモンのような気がします。
角度とかの問題で断定できないこともあるのですが、部分部分を見ていくと、まずイチモンで間違いないと思います。
2006/12/01(金) 00:31:17 | どーら | #-[ 編集]
> どーら さん
 イチモンとミヤコキセンの識別方法、拝見させていただきました。なるほどなるほど…と納得してしまったのですが、それでも現場では見間違えそうで不安な自分です(笑)。しっかり勉強させてもらってジックリ見てみようと思います。
 ちなみに、10月10日にココでミヤコキセンとしてUPした個体なんですが、なんとなくイチモンっぽいような気がしています。やや横からのピンボケ画像を追加したので見てみてもらえないでしょうか?きちんと撮れていないので分かりづらいかもしれませんが…。

 マツカサウオの発光、どーらさんもまだ見ていないのですね。なんとか機会を作って見てみたいものです。
 
2006/11/30(木) 23:22:08 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
青白く光るとか、赤く光るとか、いろいろ説があるみたいですが、実際はどうなんでしょうね?
ぜひ見てみたいです。

ホームページにイチモンとミヤコキセンの識別方法をアップしたので、またお暇なときにでも見に来てください。
2006/11/30(木) 22:12:27 | どーら | #bnrbbJ5U[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。