Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

シラコダイ / 井田





 
 ここ数年、シラコダイというと、マンボウをクリーニングする魚として、その動向が注目されるようになったのだが、それまでは、やや注目度が低い魚だったように思う。
 個人的にはチョウチョウウオの仲間は大好で、このシラコダイは、最も温帯ムードがあるチョウチョウウオの仲間という感じがして気に入っている。ややシックで"和のテイスト"を感じさせる佇まいは、伊豆の海のソフトコーラルがある景色に実に合っていると思う。南方系の鮮やかなチョウチョウウオの仲間も大好きなのだが、"伊豆の絵"的には、やはりチョット違うような気がするのだ。
 大瀬や井田のような海岸線近くを潜ることが多いポイントでは単体やペアでいるところを見かけることが多いが、沖合いに出るようなポイントでは、なかなか見事な大きい群れを作っているのを見ることが出来る。
 写真は、あまり見かけることが多くない小さな幼魚。おそらく小さなときは、やや深い海域にいるのではないだろうかと思っている。体長は5cmぐらい、成魚よりも色が鮮やかでキレイな感じがする。見ることが出来るとけっこうウレシイ。


チョウチョウウオ科 / Chaetodontidae
シラコダイ / Chaetodon nippon (Doderlein, 1884)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/11/30(木) 00:00:18Fish trackback:0 comment:0 シラコダイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。