Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニイザリウオ / 井田






 ベニイザリウオも他のイザリウオの仲間と同様に実にさまざまなカラーバリエーションを見ることが出来るのだが、普段よく見かけるのと違った感じの色のを見つけると、けっこうウレシかったりする。
 このベニイザリウオの、薄いピンクとも薄いグレーとも言えるような色は、大瀬や井田では比較的よく見かける色なのだが、赤い模様がアクセントになっていて、ちょっとだけデラックスな感じがした。
 このところ、井田ではベニイザリウオを見かけることが少なくなってしまっているのだが、居なくなったわけではなく、目立つところには出ていないということのようで、きちんと探すと見つかることも多い。同じところで同じ個体を、ず~っと長い期間見ることが出来ると、ガイドネタとして重宝するのは確かなのだが、やはり、新規ネタを見つけるほうが遥かに心躍るものなので、そうゆう意味では、今の状況も悪くはないな…と思ったりもするのであった。
 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/11/13(月) 02:00:00Fish trackback:0 comment:0 ベニイザリウオ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。