Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

イザリウオ / 大瀬崎





イザリウオ / 大瀬崎

イザリウオ / 大瀬崎






 定番のイザリウオを。大瀬湾内で潜るときは、何は無くとも見ておきたい魚。サイズやカラーは個体差が大きく様々…と言うか、育てば大きくなるし、体色を変化させることが可能なので、いろんなヴァージョンを見ることが出来る。上の写真と下の写真は同一個体かもしれない。3週間のタイムラグがあるので、これぐらいの体色変化は考えられるし、斑紋の位置や形状が同じように思えるのだ。大瀬湾内のような色の砂地のには上の写真のような黄色い体色の個体が多く、恐らくそれが好都合なのだろうと思われる。小さいときは、小さいということだけでも目立たないし、白や黒の体色が擬態効果が高いようなのだが、ある程度のサイズになってくると、砂地の色合いのトーンと同一化できる黄色が適しているのだろう。ヒト(人間)の眼から見ると黄色いイザリウオは目立つのだが、魚の眼から見るとそれと同じでは無いはずだ。…で、さらに大きくなると、中の写真のような一見苔の付いた石か何かにしか見えないような体色の個体が増えてくるように思う。これも、擬態効果を考えると理にかなっているように思えるのだ。


イザリウオ科 / Antennariidae
イザリウオ / Antennarius striatus (Shaw et Nodder, 1794)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/11/09(木) 00:00:57Fish trackback:0 comment:0 イザリウオ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。