FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

イバラタツ / 井田






 井田のダイビングエリアは、海岸線の長さにして200m程にしかないのだが、次から次へと面白い生き物が登場する玉手箱のような海だ。大瀬でガイドをしていた頃も時々潜りに行っていたのだが、毎回のように前情報以上にいろいろな生き物を見ることが出来て不思議に思っていた。エリアが広くない故に、探すときの集中力が高まり、見落とすことが少なくなるのだろう…と思ったりもしていたのだが、本格的に年間を通して潜るようになってから、環境的な要因がそうさせているのだろうと思うようになってきた。やはり生き物が集まりやすい条件が揃っているのであろう。

 今日はイバラタツを見ることが出来たのだが、大きくて立派な個体で、実に格好良かった。水深も浅いし、しばらく観察できると良いのになあ…と思う。


ヨウジウオ科 / Syngnathidae
イバラタツ / Hippocampus histrix Kaup, 1856



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/10/28(土) 23:20:57Fish trackback:0 comment:0 イバラタツ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.