Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニイザリウオ / 井田



 デジタルカメラ撮影のトラブルの中で最もやり切れない思いになるのはメディアのトラブルだ。しかも、決して頻度は少なくない。今日もまたやられてしまった。およそ80分間・撮影枚数70枚が一瞬にしてパーになったのだ。瞬間を切り取るネイチャーフォトでは、撮り直しが出来ないケースがほとんどだ。今回失ってしまった「頭痛がするほどの息ごらえを繰り返してモノにしたゼブラハゼのツーショット」などは、その労力を考えると、次のDIVEで、もう一度同じカットを手に入れようという気力を取り戻すことが出来なかった。
 よくあるのは、シャッターを切った瞬間にモニターがブラックアウトしてアクセスランプの点滅が止まらなくなり、全てのスイッチ類が操作不能になるというパターン。一度電池を抜いて入れなおすと、カメラは復活するのだが、メディアは使用不可能になってしまっていて、パソコンで読み出そうとしてもデータにアクセスできない。リカバリーソフトで復旧を試みたのだがダメだった。おそらく安くない金額を支払うことによって復旧してくれる業者などもあるのだが、正直言って、そこまでする気にもなれない。ちなみに今回逝ってしまったのはオリンパスのXDピクチャーカード(H/512MB)。最近トラブルが多いオリンパスに対して不信感が強くなってきていたのだが、追い討ちをかけられたような感じだ。トラブルが日常茶飯事だったスマートメディア時代に比べてXDピクチャーカードになってからは安定感を増したように思っていたのに、ここにきてどうにも良くない事が多い。最初の頃買ったのは東芝製だったのだが、このところ購入したのはサムスン製になっていて、その辺に理由があるのかな?…と勘繰ったりもしている。メディアの価格が下がるのはウレシイのだが、トラブルが増えるようでは困ってしまう。価格が高くてもシッカリしたものを使いたいと思う。


イザリウオ科 / Antennariidae
ベニイザリウオ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。