Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ナンヨウツバメウオ / 井田






 昨日の大瀬に続いて、今日はお隣の井田。もちろんこちらも完全にトロピカルモードに突入している。水温は水深30m近くまで降りてみても26度を切ることはない。分かるヒトなら分かると思うが、大瀬で夏になっても最後までドライスーツを着続け、一瞬ウェットスーツを着たら、また最初にドライスーツに戻ると言われた寒がりのこの僕が、5ミリワンピースのウェットスーツで、しかもフードベスト無しで、1日5時間ぐらい平気な顔をして潜っているのだから、いかに現在の水温が暖かいかが分かるだろう
 今日は、数日前から確認されているというナンヨウツバメウオを見に行ってみた。体長十数センチのかわいい若魚だ。
 チョット前までは2匹で居たらしい。しかも海況はベタ凪で実に穏やかだったと聞く。きっともうすでにナイスなフォトをものにしたヒトが数多くいるだろうな…と思うと、ちょっと羨ましい。今日は午後から2DIVEだったのだが、パラソルが飛ばされるぐらいの強い西風が吹き始め、水面付近はけっこう高低差のある白波が立っていて、ツバメウオの写真を撮影するには辛いコンディションになっていた。案の定、見ての通りピン甘のアリバイカットしか撮影できなかったのだが、まあ、とりあえず、今は潜っておいた方が良いんじゃないのかな…というトロピカル伊豆の報告写真ということでご勘弁を…。

マンジュウダイ科 / Ephippididae
ナンヨウツバメウオ / Platax orbicularis (Forsskal, 1775)






ナンヨウツバメウオ / 井田


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/09/11(月) 00:03:47Fish trackback:0 comment:4 ナンヨウツバメウオ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> あっちゃんさん

 富戸も面白い海ですよね。最近は行っていないのですが、また行ってみようと思っています。
 シュノーケリングもダイビングも同じように楽しいですが、ダイビングの魅力は、長い時間、海の中に居ることができることや、シュノーケリングでは見ることができない面白いシーンを見ることができることです。シュノーケリングを楽しめる体力があれば、ダイビングだってできますよ。機会があったらぜひチャレンジしてみてください。
2007/09/17(月) 23:18:10 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ナンヨウツバメウオ 幼魚
9月15日、二度目の富戸に行きました。一度目は、8月25日、あの、透明度30mのラッキーな日でした。初めての富戸。しかも、シュノーケリングです。あの美しいかわいいトロピカルフィッシュや、お魚群を初めてみて、超感激しました。そして、もう一度!と願っていたのですが、あの、台風9号に阻まれてなかなかいけませんでした。何しろ西湘バイバスがつかえなくなってしまって。そして、やっと3連休初日に二度目の挑戦。富戸のヨコバマに行って、またしてもダイバーの中に、不自然にもシュノーケリングのみで、海へ。そこで、なんとナンヨウツバメウオをみたんです。あれって、何?昆布?枯れ葉?なんて思って家に帰り調べてみたら、ナンヨウツバメウオの幼魚ってわかりました。そうして、さらにその魚をネットで検索していたら、このページに行き当たったのです。西伊豆の大瀬崎。いいな。いつか行きたいです。ウエットスーツも買わないとこれからは無理ですね。ダイビングは、あんなに重たい機材背負う自信がありませんから、シュノーケリングでいいかなって思っています。また、いろんな魚のことを書いてくださいね。
2007/09/16(日) 23:48:30 | あっちゃん | #-[ 編集]
> Re.
> divedeep さん

 コメントありがとうございます。

 でも、どっちもピン甘なんですよ…。お恥ずかしいです。
 構図は、このときの荒れた状況下では、こう(いわゆる日の丸)しか狙いようがなかったという感じですし…。下の写真、左下の斜めに伸びた暗部は水面に垂直に伸びた桟橋の角なんです。まっすぐカメラを構えることも出来なかったんですね(苦笑)。
 狙って"イイ写真"を撮りたいものです。
2006/09/17(日) 23:09:58 | matsukawa | #k91S7tuY[ 編集]
南洋燕魚
上のカットは絵画的に完璧にはまってますね。
美しい。
下のカットは僕個人的には好きです。
サメやアシカでよく見られるアングルで、
被写体に知的な風格を感じます。
バブルも臨場感をアップさせてますね。

これからもブログ更新楽しみにしてます。
2006/09/17(日) 06:18:16 | divedeep | #BW6/sfyE[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。