FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ヒラタエイ / 井田






 今シーズンの大瀬/井田では、エイの仲間を数多く見ることが出来る。サカタザメ・アカエイ・トビエイ・イズヒメエイ・シビレエイ…などなど。もちろんこのエリアでは定番中の定番と言えるこのヒラタエイもたくさん居て、1DIVEで十数個体を目撃なんてことは日常茶飯事である。…で、見かけるたびにシャッターを切ってはいたのだが、絵的にイマイチ面白くない感じのカットばかりで、積極的に公開しようという意欲が沸くわけでもなく、個人的な記録としてお蔵入りということになっていた。…とはいえ、今年ならではのトピックでもあるし、ちょっとは面白い絵を撮らなきゃ…と思っていたのも事実。…というわけで、この時はチャンス到来という感じで、けっこういいスピードで泳ぐヒラタエイを横目にワッセワッセと併泳しつつ何枚かシャッターを切ることが出来た。
 基本的に撮影に臨むときには、あまり最初からイメージを固めておかずに、その時その時のフィーリングと、その場に応じた判断を大事にしたいと思っているのだけれど、それでも、意表を突かれない程度の心の準備はしておいた方が良いように思う。この時も、ヒラタエイが居て、良いチャンスがあったら撮ろう…ということをイメージしていなかったら、がんばって泳いで撮ろうとは思わなかっただろうな。珍しく上方に向かって泳いでいってくれたので、ちょっと違ったムードのヒラタエイの写真を撮ることが出来た。

ヒラタエイ科 / Urolophidae
ヒラタエイ / Urolophus aurantiacus Muller et Henle, 1841






ヒラタエイ / 井田



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/08/29(火) 21:51:18Fish trackback:0 comment:0 ヒラタエイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.