Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニイザリウオ / 井田





 ベニイザリウオを最も頻繁に見ることが出来るのは夏の繁殖シーズンなのではないかと思う。カイメンなどに寄り添うようにしている姿を見かけることが多い種だが、実際には、ダイバーが確認できないような岩の裏面などに、もっとたくさん隠れているのではないだろうか。繁殖シーズンになると、伴侶を見つけるために隠れていた連中も表に出てきているんではないかな。
 …で、現在の井田では、繁殖シーズンもピークを過ぎ、やや沈静化してきているところのようで、一時期ほど数多くの個体を一度に見られるということもなくなってきた。
 だとすると、どんな時がイチバン観察しやすいのだろう…ということになるのだが、僕の経験から言うと、これはもう朝イチに潜るに限ると思われる。普段は岩場でジッとしているところを見ることが多いベニイザリウオだが、早朝には、岩場はもちろんのこと、砂地などでも、海底付近に密集して泳ぐ稚魚や甲殻類の幼生を狙って、パン食い競争でもするかのように、ピョンピョン跳ねながらアタックしている姿を何度も見かけている。他のイザリウオもそうだと思うのだが、恐らく、ベニイザリウオも夜間に活発に活動するタイプの魚だと思われる。…なので、ナイトで潜ることが出来ないのであれば、早朝か夕方が狙い目だと思うのだ。写真の個体は、現在の井田で、もっとも確実に見ることが出来る個体なのだが、いずれも、昼間のダイビング時には、岩陰の海面にへばりつくようにジッとしていることが多いのだが、夕方になると、写真のように、岩の上に現れ、うろうろと歩き回ったりしている姿をよく見かける。
 そして、以前にも書いたことがあるのだが、イザリウオの仲間を撮影するのであれば、明るいときよりも暗いときの方が可愛らしく撮れることが圧倒的に多い。理由は暗いときの方が目のサイズが大きくなるからで、表情がとても豊かになるのだ。

イザリウオ科 / Antennariidae
ベニイザリウオ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)






ベニイザリウオ / 井田


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/08/28(月) 00:21:53Fish trackback:0 comment:0 ベニイザリウオ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。