Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ミジンベニハゼ / 井田
ハゼ科 / Gobiidae
ミジンベニハゼ / Lubricogobius exiguus(Tanaka,1915)


 ミジンベニハゼは、大瀬湾内のようなところに居るというイメージが強くて、沖縄本島で近似種のナカモトイロワケハゼを見たときに、こんな潮通しのいいところに居るんだぁ…と思ったりしたものだけど、こうして井田でミジンベニハゼを見ることが出来ると、やっぱり居るんだよな…と、妙に納得できたりする。
 …とは言うものの、一見大瀬の外海のように思える井田のポイントは、外洋に開けているにもかかわらず、海の中は内湾的な要素を持っているところがあったりして、とてもバラエティに富んだ環境を持つ海だということが分かる。漁港の桟橋や海に向かって右手に大きく突き出した岬の影響が大きいのだろう。距離的には、ほんとにすぐ近くの大瀬外海とは、ずいぶん違った面を多く持っているというのが面白い。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/05/23(火) 09:34:37Fish trackback:0 comment:0 ミジンベニハゼ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。