Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

スジハナダイ / 井田
ハタ科 / Serranidae
スジハナダイ / Pseudanthias fasciatus (Kamohara, 1954)


 ハナダイの仲間をどれぐらい見られるかということは、僕にとってのダイビングエリアのオモシロさを大きく左右するファクターになっている。今でこそ、控えめに控えめに…と、自分に言い聞かせながら潜っているものの、以前は、何かに取りつかれたようにハナダイの仲間を探し追いかけていたということもあって、やはり、ハナダイの仲間の魅力は特別なものだと言えるだろう。何と言っても、その姿の美しさは格別なものがある。同時に、ハナダイを見に行きやすいエリアというのは、浅場から深場に至るアクセスが容易であるせいか、生物層がバラエティに富んだエリアになっていることが多いことも、ハナダイの仲間を見られるかどうかが、そのエリアの特徴を量る一つの基準になってくる理由だと言える。
 スジハナダイは一目見てそれと分かる赤いストライプが特徴で、岩礁域の水深30mあたりから見ることが出来る伊豆のハナダイの定番のひとつだ。今回は、水深25mあたりで、サクラダイの小さな群れに1個体だけ混じっていた。やや深いところで見られる種だけに、確認することが出来てウレシかった。前回UPしたイズカサゴも、このスジハナダイの居る場所の近くで見ることが出来たので、このあたりの場所は、今後も面白い出遭いの機会を期待できそうである。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/05/08(月) 02:33:30Fish trackback:0 comment:0 スジハナダイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。