FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

20050113114052.jpg
Heniochus chrysostomus Cuvier, 1831


 魚っていうのは、たいてい縦長型ですね。「え…横長型じゃぁ?」と思う方が居るかもしれませんが、魚の場合、頭から尾鰭に向かっての方向が縦方向になるので縦長型なのです。これ、正直言って僕も違和感を感じる部分なんですけどね(笑)。でもまあ決まり事なんで仕方が無いです。ですんで、写真のミナミハタタテダイの幼魚は、思いっきり横長型ということになります。アカククリの幼魚やツバメウオの幼魚なんてのも、このタイプになりますね。こうゆう形というのは、おそらく擬態なんでしょう。敵である捕食者にしてみても、魚として少々イレギュラーな横長型というのは獲物として認識しづらかったりするのではないでしょうか。あるいは、食欲をそそらないとか…。でも、ただ見ている僕らとしては、実に面白い対象です。やはりユニークな特徴というのは興味深いですし、撮影意欲をそそられるというものです。
 ミナミハタタテダイの幼魚は、大瀬崎湾内の岩場でよく見られます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/13(木) 11:54:57Fish trackback:0 comment:0 ミナミハタタテダイ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.