FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ガーベラミノウミウシ / 大瀬崎
裸鰓目(ドーリス目)/ NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
アオミノウミウシ科 / Glaucidae
ガーベラミノウミウシ / Sakuraeolis gerberina Hirano, 1999


 外海の水深3mぐらいの岩陰にヒドラの仲間が密集しているところがあったので、何か現れるだろうな…と、いつも気にしていたところ、ある日いきなり、このウミウシが居ました。体長は60mmぐらい。予想していたよりデカイやつの登場でした。ヒドラ食いのミノウミウシの登場は予想していたのですが、ガーベラミノウミウシが、こんな浅場に現れるのは想定外でした。どちらかというと、水深10m以深に居るという印象が強かったですから…。それに、過去に見たときは、この手のウミヒドラではなくオウギウミヒドラやセンナリウミヒドラのようなタイプのウミヒドラに居ることがほとんどでしたから…。
 このガーベラミノウミウシやサクラミノウミシの仲間は、意外に混乱しやすくて、よく間違えます。この写真のように突起が全体的に白っぽいタイプは、ついついサクラミノウミウシだと判断してしまうことが多いのですが、いろいろ当たってみたところ、突起の先端の形状がガーベラミノウミウシのそれということのようです。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/04/19(水) 22:24:09Sea slag trackback:0 comment:0 ガーベラミノウミウシ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.