FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

20050107233731.jpg




 巷にはいろんなクマノミが居るけれど、僕がいちばん好きなのは、このトウアカクマノミ。
 デカすぎる…とか、気が強くて可愛げが無い…とか、噛み付くから怖いとか…、わりと人気薄だったりするんだけど、僕はトウアカファミリーの居るイソギンチャクがあれば、それだけで1DIVE2時間ぐらいは楽勝で楽しめる。感情豊かな魚が好きなんですね。
 トウアカクマノミは、珍しいと言われてるほど珍しくはない。ただ、トウアカクマノミが好んで棲む環境を多くのダイバーは好んで潜らないって感じかな…。そんなに昔から知っていたわけではないのだけどね。でも沿岸の開発で潰されやすいエリアに棲息しているというのも事実で、そうゆう意味では確かに希少種になってしまうのかもしれない。この愛すべきキャラクターが居なくなったら寂しいな。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/07(金) 23:56:47Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 05
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.