Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

噂どおり、とてもよく泳ぐヤツです
イザリウオ科 / Antennariidae
イロイザリウオ / Antennarius pictus (Shaw et Nodder, 1794)


 昨日UPしたタンザクカクレエビを夢中で撮影しているときです。ピント合わせに目が疲れて、ふとモニターから目を離したとき、視界の片隅に奇妙な違和感を感じたんです。最初は中層を海藻かゴミか何かが流れているんだと思いました。でも、そんなに流れは無いし、よく見てみると、微妙にリズミカルに上下に揺れているんです。その瞬間「ヤツだ!」と、確信しました。最初は岬の先端で発見され、その後、外海で確認されたイロイザリウオです。
 そもそも、今回もコイツを撮りにきたのですが姿が見当たらず、仕方が無いので、先にエビの方を撮っておこう…と撮影していたところなのでした。あわてて追いかけたことは言うまでもありません。
 まずは、もと居たはずの場所へ追いこみつつ、泳いでいるところを数カット撮影。その後、岩の上に着底したところを撮影…、しかし、ぜんぜん落ち着いてくれない…、次はウミトサカに乗っかろうと何度か試みているようでしたが、ウミトサカが揺れるのでうまくいかないようです(笑)。次に海藻の株の横に着底したのですが、大きなカワハギがやってきて、フーフーと吹かれたのが気に入らなかったのか、また移動開始。再度ウミトサカに降りようとして失敗し、その根元に着底。しかし、居心地が悪いのか、また泳ぎ始めました。噂には聞いていたのですが、ホントにとてもよく泳ぐ個体のようです。でも、まだコイツを見ていないであろう仲間にも見てもらいたいので、なんとか、この場に留まってもらいたいところです。ちょっと離れたところから見ていると、少し離れたところにある岩に着底して落ち着いたようなので、その場を離れました。
 その後、見に行った人の話を聞くと、どうやらエリアの外には出ていないようです。この場所を気に入って居ついてくれれば良いのですが…。

イロイザリウオ / 大瀬崎
イザリウオ科 / Antennariidae
イロイザリウオ / Antennarius pictus (Shaw et Nodder, 1794)

イロイザリウオ / 大瀬崎
イザリウオ科 / Antennariidae
イロイザリウオ / Antennarius pictus (Shaw et Nodder, 1794)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/01/23(月) 21:37:19Fish trackback:0 comment:0 イロイザリウオ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。