Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

アカスジカクレエビ / 大瀬崎
テナガエビ科 / Palaemonidae
アカスジカクレエビ / Periclimenes psamathe


 大瀬では秋から冬にかけて、ウミトサカやヤギに"鈴生り"にたくさんの個体が集まって着いています。テナガエビ科と言っても、あまり手が長くない種も多いのですが、このエビは手が長いです。あまりに長いので、フィルムが現像から上がってくると、鋏の部分が写っていなかったなんてことがよくあります。やはり鋏脚は、エビという生物のアイデンティティですから、フレーミングには要注意ですね。ちなみに上の写真もポリプに隠れてしまってます…。
 さて、アカスジカクレエビは、この時期、毎回といっていいぐらい見られるだけに、あまり撮影していなかったのですが、よく潜りに来ている学生君たちの撮ったキレイな写真を見て、撮っておかないとなア…と思い、探してみたのですが、そうゆう時に限って、いいシチュエーションで撮影できなくて…(苦笑)。やはり、一期一会、瞬撮スキルを、さらに磨かねば…と思ったのでした。


アカスジカクレエビ / 大瀬崎
テナガエビ科 / Palaemonidae
アカスジカクレエビ / Periclimenes psamathe



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/01/22(日) 00:14:38Crab / Shrimp trackback:0 comment:5 アカスジカクレエビ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> oka
>こーゆー黄色いトサカのもカッコイイと思いますけどね。

 やっぱり赤でしょう。あの透明感のあるヤツ。
 青の色合いのコントロールは、アオリ具合でコントロール出来る場合があります。あまり上を向くとシアン(いわゆる水色)に転ぶ傾向がありますけど、水平方向に近いとブルーが効いてきます。あと、浅場方向に向かってカメラを構えるとシアン、深場方向に向かってカメラを構えるとブルーという感じもあります。深場方向に水平方向で背景の露出を決めて撮るといいと思いますよ。あと、撮影場所も深場のほうがこの傾向のブルーになりやすいです。
 もちろん、そのときの日差しや水のコンディションにもよりますけどね。濁ってるときは色調をいじらないとムリ。

>やはり長い手の事なんか全く知らないって感じの写真になってました。。なさけない。

 それはそれで構わないとも思うんですけどね。このエビを撮る時は、だいたい、体の透明感に惹かれて撮ると思うんです。自分が惹かれたところを撮れてればOKなんですよ。でも、知ってしまうと外せないって思うでしょ(笑)。

 この写真の場合、生き物紹介の写真なんで、okaのように、この写真を見て「へえ~ッ」って思ってくれる人がいたら、自分としてはメデタシメデタシです。レスポンスありがとうございます。

 写真が撮れないダイビングって、けっこう写真を撮るために役立ちますよ。カメラ無しで、イメージの中でシャッターを切るという作業の繰り返しをするんです。カメラを持ってない方が、かえってイメージは膨らむものですし、被写体を探しまくることが次の撮影へのイイ刺激になると思います。自分も、撮影できない時はそうしてます。
2006/01/25(水) 00:27:23 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
追加
ボクがそーゆー写真を撮ってしまったのは、ファインダー越しに被写体を見てるだけで、その生物自体を見てないってことですからね。。ちょっと反省です。

過去にも写真には残ってるけど、思い出はない魚ってのもやはりその魚自体を見てないからなんでしょうね。。

今のデジカメのない潜りも楽しめてます!
が、やはり物足りないですけどね。。↓
2006/01/24(火) 23:14:38 | oka | #-[ 編集]
こーゆー黄色いトサカのもカッコイイと思いますけどね。
にしても上の写真の青さ加減がいい感じですね~。
青抜きは毎回こんなもんかな?って適当にやってしまいます。。

ちなみに過去のボクの撮ったこのアカスジカクレエビを見たら、やはり長い手の事なんか全く知らないって感じの写真になってました。。なさけない。
2006/01/24(火) 23:08:15 | oka | #-[ 編集]
> oka
 okaちゃん、毎度。

 君や順のキレイな写真を見て撮りたくなったんだけど、ちょっとイマイチっぽかったなぁ(←今回の写真)。撮ってる最中に気づいていたんだけどね…。ポリプが赤くて透明感があるトゲトサカに着いているヤツじゃないと、写真映えしないね。…というわけで、とりあえず生態写真ってことで。

 でも、やっぱり鋏脚は上手くフレーミングして入れてあげたいね。このエビの大きな特徴だから。
2006/01/24(火) 18:17:04 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
へ~
どーもです!

アカスジの手ってこんなになってたんですねぇ!
んっと、知らなかったです。。

にしてもまだ見ることができるんですねー。
探して手を見ておきます。
2006/01/24(火) 10:06:07 | oka | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。