Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

キンメモドキ / 大瀬崎
ハタンポ科 / Pempherididae
キンメモドキ / Parapriacanthus ransonneti (Steindachner, 1870)


 スケルトンボディが魅力的なキンメモドキ。大きなかたまりを作るような群れ方は、よく写真に撮影されていますが、残念ながら大瀬では大きな群れを見たことはありません。西伊豆のポイントでは、群れになっているのを何度か見たことがあるので、大瀬でも見られる可能性はあると思うのですが…。南方系の魚だけに、その年の潮の具合によって、登場の仕方(数や時期)が変わってきます。たいていの場合、クロホシイシモチの群れやミナミハタンポの群れに数個体が混ざっているという感じです。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/01/13(金) 08:25:50Fish trackback:0 comment:5 キンメモドキ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
へぇ~
目からウロコです!
いろいろな技や工夫を駆使されてmatsukawaさんの素晴らしい写真は生まれている訳ですね。
以前、水中でブロワーを使って被写体をキレイに・・・の話もへぇ~でしたが、今回もへぇ~なるほどです!
今度、ゲスト無しでゆっくり潜れる時にやってみますね♪
2006/01/15(日) 07:49:36 | Yuji | #-[ 編集]
> Yuji さん
 リブリーザーを使うと魚に寄れるっていうのも、音が静かなせいですよね。臆病な魚は音にはかなり敏感だと思います。例えば、僕が息をこらえていても、僕の1mぐらい後方の誰かの排気音で、紹介しようとした魚に逃げられたなんてこともしょっちゅうです。
 あと、息を止めていても最終的には排気しなくてはならないのですが、その際に、排気を口(レギュレーター)からではなく、鼻から静かに出すのも効果的ですね。
 
2006/01/14(土) 21:55:40 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
なるほど・・・
息を止めるのか!
簡単なことに気付きませんでした♪
死なない程度にやってみますね(笑)
2006/01/14(土) 07:42:59 | Yuji | #-[ 編集]
> Yuji Izumi さん
 息をしていないですから(笑)。…と言うのはウソですけど、それでも1分間以上は止めて岩になりきってます。そうすれば、向こうの方から寄ってきてくれますヨ。カメラはいつものC-740です。調子が悪くなってきたんで新しいのが欲しいんですけど、オカネが無くて買えないんで…(苦笑)。
2006/01/13(金) 21:09:11 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
お久しぶりです。
毎日、更新を楽しみに拝見しております。
相変わらず、スゴイ写真を撮られますねぇ・・・毎回ビックリこいてます♪
しかし、こんなに寄って、こんな向きからよく撮れますね!
カメラはいつものコンパクトデジカメですか?
2006/01/13(金) 10:19:13 | Yuji Izumi | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。