Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ヒョウモンダコ / 大瀬崎
マダコ科 / Octopodidae
ヒョウモンダコ / Hapalochlaena fasciata (Hoyle,1886)


 強い毒を持っていることで有名なヒョウモンダコですが、その美しい模様は被写体として実に魅力的で、ダイバーからは人気があります。まあ、毒があると言っても、向こうがこちらに向かってきて噛み付く…なんてことはないわけで、中世浮力をシッカリとって海中ではものに触れないという、常識的なマナーある行動をとっていれば無害ですから(笑)。
 ヒョウモンダコの毒はテトロドトキシンという毒です。いわゆるフグ毒と同じもので、捕食の際に用いられ、相手を噛んだときに唾液腺から分泌されます。ちなみに、タコの仲間は、敵から攻撃を受けると墨を吐いて身を守りますが、ヒョウモンダコは墨の袋が退化してしまっているそうです。毒という武器を持っているので、墨は必要無いということなのでしょうね。 

ヒョウモンダコ / 大瀬崎
マダコ科 / Octopodidae
ヒョウモンダコ / Hapalochlaena fasciata (Hoyle,1886)



ヒョウモンダコ / 大瀬崎
マダコ科 / Octopodidae
ヒョウモンダコ / Hapalochlaena fasciata (Hoyle,1886)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/01/08(日) 04:51:54Octopus trackback:0 comment:2 ヒョウモンダコ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> matsushita さん
 瀬良垣が入れない?!それはショックです。まさか、施設か何かが出来て、今までみたいに入ることが出来なくなってしまうなんて事になるでしょうか?だったらイヤだなあ。
 ヒョウモンダコは沖縄よりも伊豆での方がよく見かけるような気がします。ぜったいに沖縄の方が多いと思うのですが、伊豆のほうが探しやすいのかも…。
2006/01/11(水) 20:45:27 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
柄がとても綺麗ですね。以前はこちらでナイトをする度に見かけていましたが、ここ2・3年は1度も見てないです。透明度のいい大瀬崎って潜ってみたいですね。赤で透明度20mオーバーの時はいつも大興奮です。多分一緒の様な感じなんでしょうね。
それと、瀬良垣が今入れません。職員はいるのですが、門を開けてくれません。環境整備とか看板は出てるんですが。以前は工事しても入れてくれたのに。何か変です。
2006/01/10(火) 23:27:46 | matsushita | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。