FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

スミゾメミノウミウシ / 大瀬崎
裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
アオミノウミウシ科 / Glaucidae
スミゾメミノウミウシ / Protaeolidiella atra (Baba, 1955)


 大瀬湾内で撮影した個体。大瀬で最も確実に見ることが出来るウミウシかもしれません。
 よく見かけるのですが、どこが頭なのか分からないような感じに縮こまっていたり、数個体でこんがらがるようにしていることが多く、なかなかキレイに撮影する機会に恵まれないのですが、このときは、幸運なことに、活発に活動中のこの個体に出会うことが出来まして、わりと格好良く写真に収めることが出来ました。

 水温13.6度、この時期としては異例な低水温です。この水温が底値だと良いのですが…。
 10年ぐらい前だったと思うのですが、とても寒い冬で、低水温の日々が続き、クマノミはもちろんのこと、キンギョハナダイまでが全滅してしまい、しまいには、クロホシイシモチやスズメダイといった魚たちまでもが弱りきっていた時のことを思い出しました。あの時は、しばらくの間、海の中が寂しくなってしまい、その年の秋になって、やっとで現れた3~4個体のキンギョハナダイの幼魚を見つけただけで喜んでいた…という悲惨な状況でした。いわゆるスタンダードな大瀬らしさをキープするためには、水温が低いときでも概ね14度ぐらいまでであってくれて、できることなら、その低水温期間は短ければ短いほど良いのですが…。チョット心配です。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/01/01(日) 23:35:54Sea slag trackback:0 comment:6 スミゾメミノウミウシ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> マクガイヤーさん
 はじめまして。
 コメントありがとうございます。
 
 やはりスミゾメミノウミウシも昼間は休んでるのかもしれませんね。活発に動いているところは、あまり見たことがないです。まあ、活発に動いているときでも、ウミウシの動きですから、素早いわけではないですけど…。

 ちなみに、この日はけっこうたくさん見たんで、この個体が湾内のどこの個体なのかはチョット忘れました(苦笑)。
2006/01/08(日) 04:26:55 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
スミゾメミノウミウシ
はじめまして、マクガイヤーと申します。
1/3に湾内で潜ったのですが、この個体見ました!
背景を見るに、多分同じ場所だと思います。
スミゾメミノウミウシってあんまり動かないのですね、ちょっと意外でした。
2006/01/05(木) 03:10:48 | マクガイヤー | #-[ 編集]
> TAKAさん
 葉山ですか。僕の実家の近所です。
 背景を青くするならレンズを上に向けてシャッター速度を遅くすればOKです。この状況ならカンタンですよ。
2006/01/03(火) 19:28:15 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> やよみさん
 お久しぶりです。
 スミゾメミノウミウシは一見地味ですけど、よく見るとシックで格好いいウミウシですよね。
 大瀬には多いんですよ。湾内・岬・外海のどのポイントでも見ることが出来ます。ぜひ探しに来て下さい!
2006/01/03(火) 19:22:36 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
私も
葉山で逢ったことがあります!
ものすごくうねってて、全然キレイに撮れませんでした。この写真、とてもステキですね!バックの青も、気持ちいい色です^^
2006/01/03(火) 09:24:05 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
私も
伊豆でこの子に会ったことあります。
私が会ったときは赤沢のボートのポイントだったように思います。
ウミウシ好きなので会えたときはうれしかったなぁ。

大瀬にもいるんですね。
今度大瀬に行くときがあったらちょっと探してみようかな?
2006/01/03(火) 03:37:16 | やよみ | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.