FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ハクセンミノウミウシ / 大瀬崎
裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
アオミノウミウシ科 / Glaucidae
ハクセンミノウミウシ / Cratena lineata (Eliot,1904)


 ハクセンミノウミウシは、外海や岬の浅瀬でよく見られるミノウミウシの仲間です。触角の形状・付け根にあるオレンジ色(黄色)の斑紋・背側突起に入る白い模様などから、このウミウシであると判断できる場合が多いのですが、体色の変異が多く、大瀬で見られるこの種は、その名の由来になっていると思われる背面に入る多数の白色縦線が見られないタイプがほとんどだと思われます。

 ウミウシウォッチングを楽しむのに絶対にあったほうが良いのが、ウミウシを紹介した図鑑やガイドブックなのですが、今、唯一お奨めできるものと言えるのが"本州のウミウシ-北海道から奄美大島まで-(中野理枝著)"です。写真点数1200、掲載種数650という充実のウミウシ本ですので、これがあれば、より楽しいウミウシウォッチングが出来ること間違い無しです。

ウミウシファン必携のガイドブック 

本州のウミウシ-北海道から奄美大島まで-
中野理枝著
価格 ¥2,980 (税込)

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/12/27(火) 09:18:44Sea slag trackback:0 comment:2 ハクセンミノウミウシ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> TAKA さん
 賀正…。う~ん…、よく分からないです。
 でも、言われてみると色合いとか「和風」の佇まいですね。こんな感じの和紙とかありそうかも。
 このウミウシは、大瀬では繁殖期に大発生します。そのときのサイズはだいたい20mm前後ですね。この写真の個体は15mmぐらいですから、そんなに小さくはないですよ。ウミウシは5mm未満サイズが多いですから。
2005/12/28(水) 12:36:19 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ハクセン
なんだか「賀正」の雰囲気が感じられませんか?
TAKAはまだ出逢ったことがありません!
見てみたいな~・・・しかしこれも、とても小さそうですね!
2005/12/27(火) 09:51:18 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.