FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

どう違っているのか分からん!
ハタ科 / Serranidae
ナガハナダイ属の一種 / Pseudanthias rubrolineatus (Fourmanoir & Rivaton 1979)


 通称スジチガイ。スジハナダイのようなストライプが入っているんですけど、その入り方が違うんです。まだ和名はついていません。
 大瀬だと通常は水深50m以深あたりで見られることが多いサカナです。今回、最初に見つけたときは43m、次の日に見に行ったら38mで確認することができました。この種としては浅い水深でしたし、求愛行動中らしく実にキレイな婚姻色になっていたので、なんとか写真に撮りたかったのですが、最初に見つけたときは諸事情でまともに撮影できず、次の日は暗過ぎて、ピントをまともに合わせることが出来ず写っていたのは上の写真1枚のみ…、しかも見事にターンを決めてくれたので、肝心のスジが見えません~!(苦笑) 普段なら、やや正面からを狙って撮りたいと思うのですが、今回は記録写真が目的なので、特徴であるスジが分かるように横から撮らなきゃダメなのに…。トホホ…という感じです。久しぶりに一眼レフを使いたくなりました。
 仕方が無いので、遠めから撮った写真(下)もUPしておきます。とりあえず、スジが違うことは分かるかと…(苦笑)。

スジチガイ / 大瀬崎
ハタ科 / Serranidae
ナガハナダイ属の一種 / Pseudanthias rubrolineatus (Fourmanoir & Rivaton 1979)

(距離が遠く、かなり青被りしていたので、思いっきり補正した画像です)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/12/13(火) 20:54:28Fish trackback:0 comment:0 ナガハナダイ属の一種 / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.