Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

フリソデエビ / 大瀬崎
フリソデエビ科 / Hymenoceridae
フリソデエビ / Hymenocera picta


 今日の朝、器材をセッティングし、今や岬に向かおうという時、ちょうどokaが湾内から戻ってきた。…で、少々興奮気味にフリソデエビが居たことを教えてくれた。そこで急遽予定変更、場所を説明してもらい湾内に向かうことにした。こうゆう場合、見れないことがホントに多いのだが、okaが見た10分後には、その場所に行けるというタイムラグの短さと、朝早い時間で、まだダイバーが少なく、荒らされている可能性が極めて低いであろうと判断したからだ。
 その場所に行くと、まさに説明通りの目印の石が2つ。「おはようございます」と声をかけて、石の下を見てみた。ん?…、居たのはサラサエビの子供が数匹…、フリソデエビの姿は影も形も見当たらない…。残念ながら移動してしまったようだ。周囲を探そうかとも思ったが、エントリーしたばかりなのに、ここでフリソデエビ探しを始めてしまって、貴重なダイビングの時間を消費するというのは、あまりにも性に合わない(笑)。他にも見たいものや探したいものはいっぱいあるし…。そこで、帰り道に寄って、安全停止がてら探そうと決め、湾内で遊ぶ。キンセンイシモチのバージョンチェックをしたり、タカベやキビナゴの群れと戯れたり、カスミアジやギンガメアジを追いかけたりして約2時間後、戻ってきてみると、さっき見た光景とはまったく別の光景が…。海底の色が1m四方ぐらいの範囲だけ違うのだ。誰かが徹底的に探してくれたらしい…、きっとokaが情報を知らせたんだろう…と思いつつ、1分間ほど探してみたが、どう見ても居そうに無いので他の場所に向かった。okaが知らせる面々を考えてみると、居たのなら絶対に見つけているはずだし、見つからなかったのなら同じ場所を探すことに意味はないからだ。ちょっと仕切り直しが必要かな。

 海から上がって話を聞くと、どうやらoka以外は誰も見ていないらしい…。そう聞くと、だったら探したいな…と、またもや闘争心が沸いてくるのだが、ここは、あえて抑えて、2本目は予定通り岬にスジチガイを見に行く。2本目の潜水から戻ってきたのは15時過ぎ。その時点でもまだ再発見されていないらしかったので、残タンクで探しに行くことにした。タイムリミットまで30分間少々、時間的にも、ちょうどいいぐらいの塩梅だと思った。何と言っても、今はツキがあるからハズす気がしない(笑)。

 さて、どこから探そう?…と考え、すでに探したヒトたちが手をつけていないあたりから探すことにする。…で、探し始めて約5分間後、わりとアッサリと、その可愛らしい姿を石の隙間に見つけることができた。タイミングも良かったのだろう。多くのヒトが潜りたがらない冬場の午後遅い時間帯というのは、こうゆうのを探すには最高の時間帯なんだと思う。あと、現在の「強運」が継続中であることも認識できた(笑)。

 さて、ほとんどのダイバーがエキジットしてしまった後という時間だけに、約30分間ジックリと観察できたのだが、面白いことに気づいた。あくまでも印象に過ぎないのだが、フリソデエビの特異な平べったい鋏脚は、泳ぐときにグライダーの翼のように水中を滑空するのに使っているようなのだ。実に滑らかに滑るように泳ぐ姿はエビ離れしていて面白かった。そして、よく見てみると、思っていた以上に複雑なスタイルのエビだということも分かった。今、こうして写真を見てみると、もうちょっと違う撮り方もあったなあ…と思う。まあ、いずれにしろ、コイツがとても魅力的なエビであることは再認識できた。写真よりもホンモノの方が100倍カワイイ。
  
 okaちゃん、ありがとう。また面白いのを見つけてきてくれ。


フリソデエビ / 大瀬崎
フリソデエビ科 / Hymenoceridae
フリソデエビ / Hymenocera picta


フリソデエビ / 大瀬崎
フリソデエビ科 / Hymenoceridae
フリソデエビ / Hymenocera picta



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/12/11(日) 23:59:01Crab / Shrimp trackback:0 comment:8 フリソデエビ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> Hide さん
 う~ん…、申し訳ないです…。
 
 僕がフリソデエビをいちばん見ているのは湾内なんですヨ。それも、マンボウ桟橋あたりで4個体ぐらい見つけてます(苦笑)。
 …で、フリソデエビの場合、すぐに居なくなっちゃうんで、だいたい1回しか見れないんです。それに、2回目は探すのが大変ですから、あまり探さないんです。ちなみに、1回目は運の要素が大きいですから。Hideさんはツイているのかもしれませんね。ツキは大事ですよ~。僕はツキだけでやってますから(笑)。
 潜りに来られるのを楽しみにしてます。
2005/12/13(火) 20:15:24 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> TAKA さん
 こんにちは。
 
 フリソデエビ…大瀬で出ると騒がれますねえ(笑)。ただ、僕は、珍しいと言うよりは、探しづらいのだと思っています。もちろん地元のエビじゃないから絶対数は少ないですし、流れてこない年もあると思いますが、例えば、珍しさという意味では、先日UPした「タカベの大群」の方がよっぽど珍しいですね。フリソデエビは大瀬で10個体以上見ていますが、あんな「タカベの大群」は初めてでしたから(笑)。
 僕は、レアモノ・フィーバーには冷ややかな方です(笑)。でも、そうゆうんじゃなくても、フリソデエビはカワイイですよね。特に小さい個体はいいなあ。

 大瀬はイイ海ですよ。ぜひ潜りに来てください。沖縄で潜られている方なら、本当はオフシーズンがおすすめです。透視度が悪くて寒いですけど(笑)。
 
2005/12/13(火) 20:03:43 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
やはり
覚えていないですね(^_^)

フリソデエビを見たのはマンボウの桟橋の近くの背が立つようなところでした。
matsukawaさんは、小さい石ころを避けながら探していましたよ。
そのフリソデエビを見るのは、そのときが最初だと言っていました。

また、潜りに行きますよ!
そのときはよろしくおねがいします。
2005/12/13(火) 15:43:46 | Hide | #eVqovdtI[ 編集]
お久しぶりです
matsukawaさん、こんにちは!
帰省したりしていて、しばらくネット落ちしてました。
大瀬ではフリソデ珍しいのですね!?
沖縄では結構頻繁に見れますが、それでも出会うととっても嬉しいです^^
そして、Hideさんへのmatsukawaさんのコメント読んで、なんか感激してしまいましたよ。TAKAも、いつか必ず潜りに行きますから、その時はよろしくお願いしますね!!
2005/12/13(火) 09:20:29 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
> Hide さん
 コメントありがとうございます。
 僕がフリソデエビを見せたことがある方ですよねぇ…。申し訳ないです思い出せません~(苦笑)。
 でも、いろんなものを次々と見せることが出来て、なおかつガイド中にフリソデエビまで発見することが出来ていたという事であれば、きっとHideさんはグッドダイバーだったんだと思います。ガイドで紹介できるかどうかっていうのは、ガイドの力量よりも、ゲストの方の力量やマナーによる影響の方が、はるかに大きいですからね。どんなにネタが豊富なときでも、紹介できないことって少なくないんです…というか、けっこう多いんですヨ。
 ですから、ぜひとも潜りに来てくださいね~。物理的に無理ならば仕方が無いのですが、そうでないなら、潜るか潜らないかは、潜りたいという気持ちの有無の違いだけだと思うんです。海は思いに応えてくれるところですヨ。
2005/12/12(月) 21:05:00 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> のりちゃん さん
 週末、来られてたんですね~。
 外海は、チョットきつかったんではないかな? でも、生き物の種類は豊富だったので楽しめたのではないでしょうか。
 フリソデエビは可愛かったです。なんとも言えないフワフワした動き方をするんですヨ。今年は甲殻類が充実しているんで、他にもいろいろ見れそうな予感があります。
 大瀬はこれからがベストシーズンですから、また、きっとイイ出会いがあるんじゃないかなと期待してます。
2005/12/12(月) 20:49:10 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
フリソデエビ
たいへんご無沙汰しています。
と言っても覚えていないだろうなあ/(^-^*)

かなり前に、大瀬湾内でフリソデエビを見せてもらったものです。
よく雑誌なんかでガイドさんが生物を見つけ出す手際を、
まるで手品のようになんて表現されていますが、
あのときも、まさに手品を見ているようでした。
なんの前情報も無しに、あんな場所でいきなりフリソデエビを見ることが出来て、
ものすごく興奮したのを覚えています。

今は山奥に引っ越してしまったので、なかなか潜りにいけませんが、
また行きたいなあなんて思っています。

フリソデエビの写真を見たら懐かしくなってしまい書き込んでみました。
2005/12/12(月) 16:21:56 | Hide | #fWcUP9NY[ 編集]
すごい!!!
フリソデちゃんが出たんですね!!すごい!
11日は大瀬崎にいました・・・。
でももちろんこの情報は知りませんでしたが・・・(>_<)

また行く楽しみが増えました!
湾内恐るべし!

2005/12/12(月) 15:32:17 | のりちゃん | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。